ナノスケール製造を 1000 倍加速する 3D プリンティング技術

ad
ad

2019/10/3 アメリカ合衆国ジョージア工科大学 (Georgia Tech)

 (3D Printing Technique Accelerates Nanoscale Fabrication a Thousandfold)

Micropillar forest

・ 米ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)と香港大学(研究者は現在 Georgia Tech 所属)が、超高速レーザーからの光制御に新しいタイムベース方法を用いた、ナノスケール 3D プリンティング技術を開発。従来の 2 光子リソグラフィー(TPL)技法よりも 1000 倍高速で、高スループットながらも深さ分解能 175nm、既存技術では不可能な 90°オーバーハング構造を作製できる。

・ FP-TPL(FP(フェムト秒プロジェクション TPL)と呼ばれる新並列技術で、バイオスカフォールド、フレキシブルエレクトロニクス、電気化学インターフェース、マイクロオプティックス、メカニカル・オプティカル・メタマテリアルや、機能的なミクロ・ナノ構造体の作製が可能に。

・ 既存のナノスケール積層造形技術は、直径約 700nm から 800nm のシングルスポット高強度光を使用して、感光性樹脂材料を液体から固体に変換。シングルスポットのポイントで構造体の全体をスキャンする必要があるため、既存の TPL 技法では複雑な 3D 構造体の作製に時間がかかり、実用的なアプリケーションへのスケールアップを制限している。

タイトルとURLをコピーしました