投球時の手のひらの筋活動の計測に世界で初めて成功

ad
ad

「切り紙」から着想を得たアスリート用ウェアラブル筋電計測デバイス

2019-12-12 早稲田大学,北里大学,科学技術振興機構

ポイント
  • 「切り紙」から着想を得たウェアラブルデバイス用伸縮配線を新たに開発。
  • 高分子ナノ薄膜からなる超薄型電極「電子ナノ絆創膏」と組み合わせることで、野球における投球時の手のひらの筋活動(表面筋電位)をリアルタイムで計測することに世界で初めて成功。
  • 球種(ストレート/カーブ)によって投球中の手のひらの筋活動が異なることを発見。

シート型電極の開発を行っている早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構の藤枝 俊宣 研究院客員准教授(現 東京工業大学 生命理工学院 講師)、山岸 健人 招聘研究員(現 シンガポール工科デザイン大学 博士研究員)、同 理工学術院の武岡 真司 教授らは、同 スポーツ科学学術院の彼末 一之 教授、北里大学 一般教育部の永見 智行 講師らのスポーツ科学研究グループと共同で、「切り紙」から着想を得た伸縮配線と電子ナノ絆創膏を組み合わせた新しいウェアラブル筋電計測デバイスを開発し、野球のピッチャーの投球時に手のひらの筋肉がどのように活動しているのかを計測(表面筋電図計測)することに世界で初めて成功しました。

タイトルとURLをコピーしました