牛の繁殖性を改善する凍結精液の大量生産技術を開発

ad
ad

牛の人工授精に最適化することで量産技術の単純さと高い繁殖成績を両立

2019/11/14 産業技術総合研究所

ポイント

  • 受胎に有利な精子の選別技術を牛の人工授精向けに最適化して、簡易な装置で量産体制を確立
  • 選別した精子を凍結ストロー容器で提供し、今までと変わらない繁殖作業で高い受胎率を確認
  • 繁殖性改善を通じた畜産の生産性向上への貢献に期待

概要

国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という) 製造技術研究部門【研究部門長 市川 直樹】生物化学プロセス研究グループ 山下 健一 研究グループ長、永田 マリアポーシャ 元研究員と、佐賀県畜産試験場【場長 田島 浩和】、森永酪農販売株式会社【代表取締役 奥田 和綱】、独立行政法人 家畜改良センター【理事長 入江 正和】、国立大学法人 佐賀大学【学長 兒玉 浩明】は、牛の繁殖における人工授精時の受胎率を向上させる精液の前処理技術を開発した。さらに精液の大量生産と、規格流通形態であるストロー型容器に封入した状態での凍結保存を行い、牛に人工授精を行う実証実験により高い受胎率を確認した。

これまでに、人工授精や体外受精など用途ごとに受胎に有利な精子を泳ぎの形で見分けることができることを報告していた。今回、牛の人工授精に的を絞り、生産工程の簡便さを重視して、前回製作したマイクロ流路をスケールアップして、大量生産技術を開発した。また、既存の繁殖方法と同じく凍結ストロー状態で提供することができる精液の量を確保することで、繁殖の現場に導入しやすくした。なお、この技術の詳細は、近日中に畜産学分野の専門誌Journal of Animal Science and Biotechnologyにオンライン掲載される。

概要図

今回開発した技術で生産した凍結精液封入ストロー(左)、解凍後の精子の運動の様子(右上)、

タイトルとURLをコピーしました