「サイエンスマップ2016(NISTEP REPORT No.178)」の公表について

スポンサーリンク
2018年10月9日(火)

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、論文データベース分析により、国際的に注目を集めている研究領域を俯瞰したサイエンスマップを作成し、世界の研究動向と日本の活動状況の分析を実施しています。このたび、最新版となる「サイエンスマップ2016」(2011~16年の論文を対象)の結果がまとまりましたので、お知らせします。

サイエンスマップ2016では895の国際的に注目を集めている研究領域が見いだされました。日本の参画領域数はサイエンスマップ2014から9.1%(25領域)増加し、参画領域割合は33%となりました(サイエンスマップ2014から1ポイント上昇)。中国のシェアが50%以上を占める研究領域数が79領域存在しており、中国の先導により形成される研究領域数が拡大しています。

日本の167大学・公的研究機関等については、サイエンスマップ2016のいずれの研究領域に参画しているかを可視化した「サイエンスマップ活動状況シート」を作成しました。また、インタラクティブにサイエンスマップの表示が可能なウェブ版も併せて公開します。

要約[480KB]
概要[4MB]
報告書全文(付録部分除く)[19MB]
報告書付録(サイエンスマップ調査専用ページへ)
報道発表資料[3MB]
サイエンスマップ2016(ウェブ版)
サイエンスマップバブルチャート(ウェブ版)

NISTEPサイエンスマップ調査専用ページはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク