天井内設置が可能な省エネ空調機「調湿外気処理ユニット」を開発

ad
ad

4月から販売開始、一般オフィスビルのZEB化達成に貢献

2018/03/29 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構,クボタ空調株式会社

NEDO事業の成果をもとに、クボタ空調(株)は、調湿外気処理ユニットを開発、4月2日から販売を開始します。このユニットは、吸湿剤(デシカント)を用いて空気中の水分を直接吸収(除湿)する方式の小型空調機で、湿度と温度を個別制御し、従来の空調機に比べて30%の省エネ化を実現しました。また、既存建物のリニューアル工事にも対応するため、空調機の断面形状にぴったり合う吸放湿ブロックを採用し、省スペース化することで、天井内設置を可能としました。

今後、クボタ空調(株)は、本製品を新設や既設の一般オフィスビルに普及させることで、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)化達成に貢献します。


図1 調湿外気処理ユニットの外観

1.概要

2014年に閣議決定された「エネルギー基本計画」では、2020年までに新築公共建築物などで、2030年までに新築建築物の平均でZEB※1の実現を目指すとの政策目標を掲げており、2030年に向けてZEB化への需要が急速に高まることが予想されています。近未来の事務所ビルでは、OA機器などの省エネ化に伴い、居室内における冷房要求は減少するため十分な冷却除湿が期待できなくなることから、室内換気に必要な外気を高効率で処理できる調湿空調機が必要となってきます。

タイトルとURLをコピーしました