天然ゴムノキの研究基盤データベースを構築

ad
ad

 

-新しいバイオ素材合成などの応用研究の加速に向けて-

2018年1月22日理化学研究所

要旨

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター合成ゲノミクス研究グループの蒔田由布子研究員、松井南グループディレクターらの国際共同研究チーム※は、パラゴムノキ[1]の研究基盤となる遺伝子・転写関連データベースを構築・公開しました。

天然ゴムは、車や航空機のタイヤ、医療用装置の部品などに使われ、私たちの日常生活においても重要な天然資源です。パラゴムノキはプランテーションで大規模に栽培されていますが、食料やオイルパームとの耕地の競合や、森林系生態保護の観点から、耕地を増やさず、天然ゴムの原料であるラテックスを増産することが望まれています。そのため、増産に向けたバイオテクノロジーによる研究が進められていますが、研究はまだ始まったばかりで、基礎情報が不足しているのが現状です。

国際共同研究チームは、研究推進に向けた研究基盤データベースを構築するため、2016年にパラゴムノキのドラフトゲノム配列を決定し注1)、その後、天然ゴム高生産株・病害抵抗株の遺伝子発現解析を行いました注2)。今回、これらのゲノムや遺伝子発現情報、世界の関連研究成果をまとめ、パラゴムノキの遺伝子・転写関連データベースを構築しました。これにより、研究者がこれまで膨大な時間と労力をかけて集めていた情報に簡単にアクセスできます。また、遺伝子情報を活用することで、ラテックス合成メカニズムの解明や、遺伝子改変による新しいバイオ素材合成などの応用研究が加速されると考えられます。

パラゴムノキの研究は中国をはじめ、世界的な競争が激化しつつある分野です。研究基盤データベースを公開することで、応用研究への貢献につながると期待できます。

本研究成果は、米国の科学雑誌『BMC Genomics』に掲載されるのに先立ち、オンライン版(1月19日付け)に掲載されました。

注1)2016年6月24日プレスリリース「天然ゴムのドラフトゲノムを解読
注2)2017年2月2日プレスリリース「天然ゴム高生産株・病害抵抗株の遺伝子発現解析

※国際共同研究チーム

理化学研究所 環境資源科学研究センター 合成ゲノミクス研究グループ
グループディレクター 松井 南 (まつい みなみ)
研究員 蒔田 由布子 (まきた ゆうこ)
テクニカルスタッフI 川島 美香 (かわしま みか)

マレーシア科学大学 生物学部
教授 アフメド・ソフィマン・オスマン(Ahmad Sofiman Othman)
博士 ニョクシン・ラウ(Nyok Sean Lau)

タイトルとURLをコピーしました