2003核燃料サイクルの技術一覧

乾式法によるガラス固化体の還元分解技術を開発

酸化物を溶融塩中で金属に還元する技術をもとに、長寿命核分裂生成物(LLFP)核種が安定に閉じ込められたガラス固化体からPd、Se、Cs、Zrを取り出す技術を開発した。既存技術と組み合わせることで4元素を金属として分離回収できる見通しを得た。

「もんじゅ」廃止措置の実施状況について

54体の燃料体の処理を完了。これまでに発生した不具合等は、改善を重ね作業に反映。100体という当初目標の達成を目指して、燃料体の処理を2019年1月も継続して実施。5班体制による燃料体の 処理を試行。定期設備点検を2018年12月から開始。

スポンサーリンク
スポンサーリンク