1602ソフトウェア工学

スポンサー
1600情報工学一般

世界初!教師データなしで高次元データの特徴を正確に獲得できるAI技術を開発

様々なAI技術の判断精度向上に貢献 2020-07-13 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)は、AIによる検知・判断における精度向上に向け、高次元データの分布・確率などの本質的な特徴量を正確に獲得するAI技術「DeepT...
1602ソフトウェア工学

意思決定支援システムが示す選択肢の正しさと計算スピードを両立する手法を開発

工業製品の品質確認、自動運転、マーケット投資などの戦略の高速計算への道を拓く 2020-07-13 国立情報学研究所,科学技術振興機構 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都千代田区)のアーキテク...
1602ソフトウェア工学

スパコン上で時間発展する大規模な原子炉シミュレーションをリアルタイムに可視化

可視化ソフトウェア「In-Situ PBVR」によって可視化処理を約100倍高速化 2020-07-10  日本原子力研究開発機構 【発表のポイント】 スーパーコンピュータ(スパコン)の高性能化と共にシミュレーションが大規模化し...
1602ソフトウェア工学

新たな屋内広告配信サービスの基盤となる、広告視認数に応じたインプレッション計測モデルを構築

2020-07-08 株式会社LIVE BOARD,富士通株式会社 株式会社LIVE BOARD(注1、以下 LIVE BOARD)と富士通株式会社(注2、以下 富士通)は、屋内のデジタルサイネージ(Digital Out of Home...
1600情報工学一般

二つの臨界現象をつなぐ -脳内神経ネットワークの「カオスの縁」と「雪崩現象」-

2020-07-08 理化学研究所 理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター数理脳科学研究チームのウーカシュ・クシミエシュ研究員、小川駿研究員、豊泉太郎チームリーダーの研究チームは、脳内の神経ネットワーク活動における臨界現象である「カオ...
1602ソフトウェア工学

分野融合インパクトを可視化する『SciLand Viewer』を公開しました

2020-07-01 NISTEP-科学技術・学術政策研究所, SciREX-科学技術イノベーション政策研究センター この度、SciREXセンターはNISTEPの協力のもと、リサーチフロント(トップ1%論文クラスター)のインパクトを可視化...
1600情報工学一般

「8Kで本物に触れる」をテーマに開発した 文化財鑑賞ソリューションの実証実験を東京国立博物館で公開

2020-07-01 シャープ株式会社,文化財活用センター・東京国立博物館との共同開発成果  シャープは、文化財活用センター※1および東京国立博物館※1と協力し、「8Kで本物に触ふれる」をテーマに、文化財の鑑賞をより多くの...
1602ソフトウェア工学

経済的核融合炉を実現するプラズマの高精度予測が可能に~高圧力プラズマの保持をシミュレーションで再現~

2020-07-01 核融合科学研究所 定常核融合炉の実現には、磁場の強さが同じであれば、より高い圧力(温度と密度の積で数気圧のオーダー)のプラズマを安定に長時間閉じ込められる装置が、経済的で有望だとされています。今回は、そのような経済的...
1600情報工学一般

機械学習品質マネジメントガイドラインを公開

AIを用いた製品やサービスの品質を安全、安心に管理するために 2020-06-30 産業技術総合研究所 ポイント マネジメントが困難とされる機械学習を用いたAIシステムの品質管理方法をガイドラインとして公開 機械学習AIシス...
1602ソフトウェア工学

電子線回折の自動測定システムを開発~微小結晶の構造解析のハイスループット化を実現~

2020-06-26 理化学研究所 理化学研究所(理研)放射光科学研究センター利用技術開拓研究部門生体機構研究グループの高場圭章特別研究員、米倉功治グループディレクター、XFEL研究開発部門ビームライン研究開発グループイメージング開発チー...
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました