1602ソフトウェア工学

0100機械一般

機械構築のための機械学習:機械部品にビジュアル検索を応用

(Machine learning for making machines: Applying visual search to mechanical parts) 2020/11/12 アメリカ合衆国・パデュー大学 ・ パ...
1602ソフトウェア工学

スピン状態間のエネルギー差を直接求めることができる新規量子アルゴリズムの開発に成功

量子化学計算の常識を覆す新手法 2020-12-24 大阪市立大学,科学技術振興機構 ポイント 量子コンピュータを用いると、原子・分子のエネルギーを精密に求める量子化学計算が超高速で実行できる。 分子は「スピン量...
1602ソフトウェア工学

自社内外の計算環境を安全に連携したAI開発環境の運用を開始

自社運用計算環境での使い勝手はそのままにAI開発を加速 2020-12-14 産業技術総合研究所 ポイント 自社運用(オンプレミス)計算環境と外部運用(クラウド)の計算環境をシームレスに連携させて運用する技術を開発 計算...
1602ソフトウェア工学

一般継続的チャンキング問題とシンクマップ(脳を模倣した、最適化によらない構造学習)

2020-12-07 人工知能研究開発ネットワーク 私たちの脳は、複雑な時系列をその構成要素である一つのまとまり(チャンク)として学習する能力を持っています。実際、この能力は知能の鍵となりうる言語能力の獲得から、画像パターンの学習まで...
1601コンピュータ工学

量子コンピュータの小型化・高速化を実現する回路圧縮手法を開発

ソフトウエア新技術で大規模量子コンピュータ開発を加速化 2020-11-12 国立情報学研究所 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(所長:喜連川 優、東京都千代田区、以下NII)と日本電信電話株式会社(本...
1602ソフトウェア工学

量子物理学の理論や波動関数に基づく新たな深層学習技術を開発

学習データにはない、分子構造が大きく異なる未知化合物に対する物性の外挿予測が可能 2020-11-11 産業技術総合研究所 ポイント 量子物理学の理論や波動関数に基づくことで、計算の中身を物理的に理解できる深層学習技術を開発 ...
1602ソフトウェア工学

AI判定を意図的にだます偽装攻撃を検知する系列データ向け耐性強化技術を開発

サイバー攻撃検知AIにおいて世界で初めて効果を実証 2020-10-29 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、複数の要素から成る系列データに対するAI活用において、偽造攻撃データを用いてAIモ...
1200農業一般

NTTと農研機構が秘密計算技術による作物ビッグデータ活用の共同研究を開始

安全かつ高度な作物データ利活用の活性化した世界を目指して 2020-10-28 日本電信電話株式会社,農業・食品産業技術総合研究機構  日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純 以下、NTT)と、農業...
1600情報工学一般

文章の構造を可視化しAIと協調するオンライン共同エディタの開発開始

「人とAIの協調を進化させるセマンティックオーサリング基盤の開発」が、NEDOの委託事業に採択 2020-09-30 沖電気工業株式会社 国立研究開発法人理化学研究所(以下 理研)、沖電気工業株式会社(以下 OKI)、国立大学法人東...
1602ソフトウェア工学

『経路映像合成技術』について ~経路にあわせた高品質な移動視点 360°動画の生成が自由に~

東京大学・相澤研究室と株式会社ブイテック研究所の共同開発成果 2020-10-13 株式会社ブイテック研究所,株式会社JR西日本イノベーションズ 株式会社JR西日本イノベーションズ(本社:大阪市北区、代表取締役社長:和田 裕至)...
ad
タイトルとURLをコピーしました