1602ソフトウェア工学

1602ソフトウェア工学

多様な体形や姿勢に対応した高品質な仮想試着手法を開発

オンライン上でリアルタイムで高品質な仮想試着を実現する手法を開発した。
1602ソフトウェア工学

「AI体操採点システム」のAI技術をウェルビーイング領域へ適用する実証を開始

センシングAI技術を使った健康増進ソリューションのプロトタイプを開発し、Sante Gymの来場者に向けて、実証を行う。Webカメラの前で指示された5種類のポーズをとったユーザーの画像データから、AIがユーザーの腰回りを中心とした体幹の柔軟性や可動域を解析・評価し、改善のためのエクササイズを個々に提案するもの。
1602ソフトウェア工学

声をテキスト変換して共有できるアプリを活用した業務の効率化

音声をAI変換しテキスト化して共有できるアプリを活用した業務の効率化
1602ソフトウェア工学

AIにより生成されたフェイク顔映像を自動判定するプログラム SYNTHETIQ: Synthetic video detectorを開発

Deepfakeディープフェイクに代表されるAIにより生成されたフェイク顔映像を自動判定するプログラム「SYNTHETIQ: Synthetic video detector」を開発した。
1602ソフトウェア工学

画像に対する質問に世界最高精度で回答できる質問応答AIを開発

汎用性が高く、画像に対する質問に世界最高精度で回答できる質問応答AIを開発した。画像に映る人物や物だけでなく背景を含めて色、形状、状態などの情報を用いて質問し、回答が得られることが特徴。
1602ソフトウェア工学

説明可能なディープラーニング技術「Deep Tensor」を活用し、化学構造式のみで化合物の特性を予測する「SCIQUICK-DT」を提供開始

グラフ構造データを学習する独自の説明可能なディープラーニング技術「Deep Tensor(ディープ テンソル)」を活用し、化学構造式のみで化合物の特性を予測するほか、標準の学習モデルに加え、製薬会社が希望する化合物データを学習したモデルを構築するサービス「FUJITSU Digital Laboratory Platform SCIQUICK-DT(サイクイックディーティー)」を提供開始する。
1602ソフトウェア工学

深層学習による変異検出精度が向上~変異検出ツールDeepVariant最新バージョンの活用拡大に貢献~

Google社が開発したオープンソースの変異検出ツール「DeepVariant」の最新バージョン(v1.2)において、全ゲノムシーケンス解析データの変異検出精度を向上させる手法を提案した。
1602ソフトウェア工学

利用環境にあわせてAIの性能と演算量を学習後に調整可能な世界トップレベルの性能のスケーラブルAI技術を開発

学習済みのAIを、できるだけ性能を落とさず、演算量が異なる様々なシステムに展開することを可能にする学習方法であるスケーラブルAIを開発した。
1602ソフトウェア工学

音声合成に人の音声の抑揚とテンポを真似て発声させることができる 「Voice Track Maker」を提供開始

ゲームやコンテンツを制作するクリエーター向けに、AIが声の表現を自動で分析し、音声合成に抑揚とテンポの演出を与える機能を搭載した音声合成ツール「Voice Track Maker(ボイストラックメーカー)」を発売。
1602ソフトウェア工学

超低消費電力AIハードウェアに適した新しいスパイキングニューラルネットワークモデルの提案

スパイキングニューラルネットワークにおいて、高い認識性能を示す教師ありアルゴリズムを開発した。スパイクのタイミングや順序を用いて情報処理する時間符号を用いており、少ないスパイク数で情報処理を行うことが出来るため低消費電力動作につながる。
ad
タイトルとURLをコピーしました