1602ソフトウェア工学

1504数理・情報

形を変えながら動く3次元物体の解析手法の提唱~動くから形が変わるのか、形を変えることで動くのか~

変形しながら移動する3次元物体の、軌道と形とを経時的に計測し、形の変化と速度や軌道の変化との相互関係を解析するためのコンピュータソフトウェアを開発し発表した。
1602ソフトウェア工学

変化する環境に適応する「リキッド」機械学習システム

トレーニング時以外も継続して学習し、変化する現実のシステムに適応する新タイプの「リキッド(可変的な)」回帰型ニューラルネットワーク(RNN)を開発。
1504数理・情報

量子コンピュータを用いたべき乗法~量子多体問題に対する新しい量子アルゴリズムを提案~

行列のべき乗を量子コンピュータ[2]上で計算する効率的な量子アルゴリズムを提案した。量子コンピュータを用いて量子多体問題を数値的に解くための有用な量子アルゴリズムになると期待。
1602ソフトウェア工学

様々なタスクにおける人の集中度を定量的に推定可能な汎用AIモデルを開発

オンライン学習・営業活動など参加者の集中状態を定量化 2021-03-01 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、人が様々なタスクを実行している時の集中度を、表情筋の動きの変化から、集中時、非集...
1602ソフトウェア工学

「ドコモ画像認識プラットフォーム」の機能を拡充

国内トップクラスの豊富なエンジンと支援機能で、幅広い課題を解決 2021-02-24 株式会社NTTドコモ 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、画像認識ソリューション開発が容易となる法人のお客さま向けのクラウドサービス「ドコモ画...
1602ソフトウェア工学

望む結果までの手順を導くことができる「説明可能なAI」を世界で初めて開発

人と協働するAIの信頼性と透明性の向上を実現 2021-02-04 株式会社富士通研究所,北海道大学 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)と国立大学法人北海道大学(注2)(以下、北海道大学)は、AIが自動判断した結果を...
1602ソフトウェア工学

自動運転車両と XR 技術を掛け合わせた 次世代モビリティ空間提供の実証実験を開始

~愛知県の愛・地球博記念公園で実施 2021-02-02 株式会社NTTドコモ 株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、2021 年 2 月 12 日(金)から 2 月 19 日(金)まで、愛・地球博記念公園 (愛称・モリコロ...
1602ソフトウェア工学

AIが放射線マップを賢く作成~福島での放射線測定のビッグデータを活用~

2021-01-29 日本原子力研究開発機構,名古屋大学 【発表のポイント】 これまで放射線測定データを解析し、線源分布などを推定するには、多くの情報を考慮した解析作業と、それに伴う多くの計算時間が必要でした。 一方、東京...
1602ソフトウェア工学

パスワードレスリモートワーク技術のライセンス契約を締結

パソコンの持ち運びやサービスごとのID管理が不要で、スマートフォンだけで快適なリモートワークを実施可能に 2021-01-28 株式会社NTTドコモ,株式会社モバイルコム 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社モバイルコム(...
0109ロボット

ロボットによるオブジェクトの容易な把持と移動を支援する深層学習

(Deep learning helps robots grasp and move objects with ease) 2020/11/18 アメリカ合衆国・カリフォルニア大学バークレー校(UCB) ・ UCB が、ウェ...
ad
タイトルとURLをコピーしました