1602ソフトウェア工学

1602ソフトウェア工学

設計者はコンピュータの支援でより良い解決策を見出すが、創造的なタッチは犠牲に(Designers find better solutions with computer assistance, but sacrifice creative touch)

2022-05-19 フィンランド・アールト大学 ソフトウェアの構築から自動車の設計まで、エンジニアは日々、複雑な設計状況に取り組んでいます。設計者はしばしば、直感、経験、試行錯誤の組み合わせに頼っている。このプロセスは非効率的であるだけ...
1602ソフトウェア工学

より効率的なAIを実現するための自然界に根ざした解決策(A nature-driven solution for more efficient AI)

物理法則に制御を委ねることで、機械学習のエネルギー効率を向上させることができる By handing over control to the laws of physics, machine learning can be made mo...
1602ソフトウェア工学

論理量子ビット間での演算を可能にする極低温環境での量子誤り訂正手法を世界で初めて開発

大規模量子コンピュータの実用化に向け大きく前進 2022-04-01 慶應義塾大学,日本電信電話株式会社,名古屋大学,理化学研究所 慶應義塾大学理工学部の近藤正章教授および上野洋典訪問研究員(本務:東京大学大学院情報理工学系研究科特...
1602ソフトウェア工学

大規模な組み合わせ最適化問題を解く確率的計算技術を開発~解収束時間を3桁以上低減し実時間で社会還元できる道を開く~

2022-04-01 東北大学 電気通信研究所,科学技術振興機構 ポイント 大規模な組み合わせ最適化問題を高速に解く確率的計算技術を開発 量子アニーリングマシンと比較して、約16倍の大規模な組み合わせ最適化問題を解くこ...
1602ソフトウェア工学

ハッキングに負けない ディープ・ニューラル・ネットワークを活用して攻撃を阻止する(Immune to hacks: Inoculating deep neural networks to thwart attacks)

適応免疫システムは、混乱をまき散らす攻撃からニューラルネットを防御するためのテンプレートとして機能する The adaptive immune system serves as a template for defending neura...
1602ソフトウェア工学

エンタングルメントが量子機械学習のスケーラビリティを向上させる(Entanglement unlocks scaling for quantum machine learning)

量子ニューラルネットワークの新しい「No-Free-Lunch定理」が、量子高速化への希望を与える New No-Free-Lunch theorem for quantum neural networks gives hope for ...
1602ソフトウェア工学

AIで深まる音楽体験~既存アプリにコンテンツを追加・三つのアプリを新規公開~

2021年から公開している音楽アプリ「サウンドスコープフォン」に、野鳥の声の聴き分けが楽しめる機能を追加し、他に三つの無料音楽アプリを新しく公開しました。「サウンドスコープパッド」「ミュージックスコープパッド」では、AIで利用者のポーズを認識し、仮想現実(VR)空間での音楽鑑賞や映像探索を楽しめます。また、「メロディスロットマシンHD」では、スロットゲームを楽しみながらさまざまなメロディを作ることができます。
1602ソフトウェア工学

新型太陽電池開発を加速する新ツール (A tool to speed development of new solar cells)

設計や材料の変更による太陽電池の性能向上を予測する、可微分ソーラーセルシミュレーターを開発。コンピューターシミュレーションの利用により、テスト用のデバイスを作製せずに変更点の評価が可能になっている。新シミュレーターは、オープンソースツールとして産業の研究開発にすぐに活用できる。最適化アルゴリズムや機械学習システムと組み合わせることで、多岐にわたる変更点を高速評価し、最も期待できる結果を迅速に提示する。
1602ソフトウェア工学

レジリエントなエネルギー高効率の AI/機械学習の鍵は人間の脳にある

人間の脳の自己修復に重要な役割を担うアストロサイト(星状細胞)の機能をハードウェアデバイスの物理現象において模倣する可能性に関する研究を発表。現行技術に比べ低エネルギー消費で作動し自己修復する AI と機械学習(ML)の実現の可能性を開く。
0108交通物流機械及び建設機械

自動運転用3次元アノテーションツール「Automan」を開発 〜オープンソースとして無償提供開始〜

自動運転AIの開発に不可欠な教師データ作成のための3次元アノテーションツール「Automan」を開発しオープンソースとして公開しましました。「Automan」は3次元アノテーションを自動運転システム全体のContinuous Integration / Continuous Delivery (CI/CD)に組み込むことができるインターフェースを持ち、ウェブブラウザ等のアプリケーションを用いて誰でも無償で利用することが可能です。
ad
タイトルとURLをコピーしました