1501生産マネジメント

1200農業一般

AIを活用した野菜5品目の市場価格を予測するサービスを開始

人工知能(AI)を活用した野菜の市場価格予測アルゴリズムの開発を進めており、これまでレタス価格の予測アルゴリズムを実証してきた。レタスに加えトマトやイチゴなど5品目の市場価格を週次単位で高精度に予測する仕組みを開発し、無償で市場価格の予測サービスを提供する。
0107工場自動化及び産業機械

工場の生産順序計画を最適化するソリューションに操作性を向上する機能を追加

2021-02-19 株式会社富士通九州システムズ 当社は、生産順序計画の最適化を行う「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Sequence Planning Optimiz...
1501生産マネジメント

AIにより化学プラントの運転変更操作を40%効率化

2020-11-16 産業技術総合研究所 日本電気株式会社(以下 NEC)、国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下 産総研)、三井化学株式会社(以下 三井化学)、株式会社オメガシミュレーション(以下 オメガシミュレーション)は、化...
0505化学装置及び設備

専門知識と機械学習を融合した最適化手法~最適な成膜条件により生産効率を約2倍に~

2020-09-09 名古屋大学,理化学研究所,グローバルウェーハズ・ジャパン株式会社 名古屋大学未来材料・システム研究所の長田 圭一(当時大学院生)、宇治原 徹教授、理化学研究所革新知能統合研究センターの沓掛 健太朗...
1401漁業及び増養殖

ドコモと鯖やグループが業務提携契約を締結~ICTを活用した新たなサバ養殖モデル…

ICTを活用した新たなサバ養殖モデルで水産業の発展に寄与 2020-05-28 株式会社NTTドコモ,株式会社鯖や 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と鯖やグループ(株式会社鯖や、株式会社SABAR、フィッシュ・バイオテック株式会...
1202農芸化学

大規模施設園芸マニュアル

全国6カ所の大規模施設園芸拠点においてトマト、イチゴ、パプリカ、キュウリ、ピーマンの栽培技術と労働生産性向上に取り組んだ結果から、人的資源管理施策について解説したマニュアルと、地域の特徴を踏まえて重要な項目を取り上げたマニュアルを作成した。
0502有機化学製品

清酒の製造工程における「におい」データを活用したアルコール度数の可視化の実証実験実施について

清酒が発する「におい」をデータ化し、ICTを活用した「におい」データの分析・活用により、清酒事業者の業務低減や清酒の品質向上に取り組む。製造時の「におい」データからアルコール度数を推定・可視化する実証実験を行う。
1501生産マネジメント

スマート工場および地域課題解決向けローカル5G検証システムの構築を開始

スマート工場の実現および地域課題解決の実証実験で活用するローカル5G検証システムの構築を開始する。
0401発送配変電

太陽電池コスト低減の鍵は薄くすること (For cheaper solar cells, thinner really is better)

シリコン太陽電池のセルを薄くすることで太陽光発電コストを低減する、新たなアプローチについて報告。太陽電池製造技術の拡張に向けたロードマップを提供する。
1200農業一般

AIによる温州みかん糖度予測手法を開発 ~ 早期予測を生産・出荷に活用し収益向上をめざす~

温州みかんを対象に、前年までに蓄積された糖度データと気象データから、AI(人工知能)による機械学習を用いて当年の糖度を予測する手法を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました