1702地球物理及び地球化学

1702地球物理及び地球化学

赤い惑星の地下に液体の水が存在するかどうかを明らかにする火星地震の可能性(Marsquakes may help reveal whether liquid water exists underground on red planet)

2024-06-17 ペンシルベニア州立大学(PennState) もし火星に液体の水が存在するなら、地球の伝統的な方法では検出できないほど深くにある可能性があります。しかし、火星で発生する地震(マースクエイク)を聴くことで、新たな探索手段...
1702地球物理及び地球化学

NASAの衛星は雪がアメリカ南西部の地下水損失を相殺しなかったことを発見した(NASA Satellites Find Snow Didn’t Offset Southwest US Groundwater Loss)

2024-06-17 NASA NASAの衛星データ解析によると、近年の記録的な降雪は米国南西部の長期的な乾燥状態と増加する地下水需要を補うには不十分です。2000年から続くメガドロートの影響で、グレートソルトレイクやレイクミードの水位が低...
1702地球物理及び地球化学

消えたエアロゾルと雲凝結核を説明する新しいモデル(New Model Explains Missing Aerosol and Cloud Condensation Nuclei)

2024-06-14 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) 新しい研究では、大気中のエアロゾル粒子が地球の気候に与える影響を調査しました。エネルギー超規模地球システムモデル(E3SM)を使用して、凝縮性ガス分子からの新しい粒子...
ad
1702地球物理及び地球化学

古代の海洋減速が将来の気候混乱を警告する(Ancient ocean slowdown warns of future climate chaos)

2024-06-13 カリフォルニア大学リバーサイド校(UCR) UCリバーサイドの研究は、地球の過去の極端な高温期に、表層から深海への水の交換が減少したことを示しました。この「グローバルコンベヤーベルト」は、海洋の動きで熱を分配し、地球の...
1702地球物理及び地球化学

「令和6年能登半島地震」は長く静かに始まり、向きや傾斜の異なる断層を次々と破壊した

2024-06-13 京都大学 2024年1月1日午後16時10分ごろ、石川県能登地方でモーメントマグニチュード(Mw)7.5の大地震「令和6年能登半島地震」(以下「能登半島地震」)が発生しました。最大震度7を記録し、多数の犠牲者を含む甚大...
1702地球物理及び地球化学

熱帯太平洋の温暖化パターンは時とともに変化する

2024-.06-13 東京大学大気海洋研究所 発表のポイント ◆過去数十年の熱帯太平洋の海面水温パターンの変化が将来予測と逆向きであることに対して、さまざまなメカニズムを統合的に評価した結果、どちらも人間活動による気候変動の結果として理解...
1702地球物理及び地球化学

珠洲市北方沖においても海底で約 4 メートルの隆起を確認

2024-06-11 海上保安庁 海上保安庁では、令和6年5月18日(土)から24日(金)にかけて珠洲市北方沖の海底地形調査を実施しました。今回取得した海底地形と過去の海底地形を比較した結果、珠洲市北方沖の海底が最大約4m隆起していることが...
1702地球物理及び地球化学

令和6年5月の地殻変動

2024-06-10 国土地理院 全国の地殻変動概況 国土地理院が全国に展開している電子基準点等のGNSS連続観測網(GEONET)の観測結果から求めた、2024年4月下旬から2024年5月下旬までの1か月間の地殻変動概況は、別紙1~7のと...
1702地球物理及び地球化学

高解像度地球システムモデルにはより正確なエアロゾル放出が必要である(More Accurate Aerosol Emission Needed for High-Resolution Earth System Models)

2024-06-07 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) この研究では、E3SM大気モデルにおける人為的エアロゾル排出処理の改善が行われ、空間的異質性と質量保存が維持されるようになりました。従来の処理では低解像度データのリマ...
1702地球物理及び地球化学

南海トラフのスロースリップイベントをモニタリングする新技術を開発 〜静岡県立大学、海洋研究開発機構、防災科学技術研究所の共同開発〜

2024-06-06 静岡県立大学 静岡県立大学グローバル地域センターの楠城一嘉特任教授は、海洋研究開発機構・山本揚二朗主任研究員、同機構有吉慶介主任研究員、防災科学技術研究所・髙橋成実上席研究員と共同で、DONET(地震・津波観測監視シス...
1702地球物理及び地球化学

ブレーク・グラウンド:地震がなぜ起こるのか、幾何学が新たな説明をしてくれるのだろうか?(Breaking ground: Could geometry offer a new explanation for why earthquakes happen?)

2024-06-05 ブラウン大学 ブラウン大学の研究者たちは、地震が発生する際の断層の幾何学的構造を詳しく調べ、地震発生の新たな要因を明らかにしました。研究は、断層ネットワークの配置が地震の発生場所と強度を決定する重要な役割を果たすことを...
1702地球物理及び地球化学

NASA、地球の極を研究する2機目の小型気候衛星を打ち上げ(NASA Launches Second Small Climate Satellite to Study Earth’s Poles)

2024-06-05NASA Rocket Lab’s Electron rocket lifted off from Launch Complex 1 in Māhia, New Zealand at 11:15 p.m. NZST, J...
ad
タイトルとURLをコピーしました