0301機体システム

スポンサー
0301機体システム

無操縦者航空機導入の可否を検討~9月から八戸飛行場にて飛行実証を開始します~

2020-06-26 海上保安庁 海上保安庁では、「 海上保安体制強化 に関する方針」に基づき、新たな技術を活用した広域海洋監視のあり方のひとつとして無操縦者航空機の導入の可能性を判断するため、9月から 11月までの間、八戸飛行場にて飛行...
0301機体システム

小型実証衛星1号機(RAPIS-1)の運用終了について

2020-06-25 宇宙航空研究開発機構  国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、革新的衛星技術実証1号機(※)の一部として、2019年1月18日9時50分(日本標準時。以下同じ)に内之浦宇宙空間観測所からイプシロンロケッ...
0301機体システム

宇宙ステーション補給機「こうのとり」9 号機(HTV9)の 国際宇宙ステーションとの結合について

2020-05-26 宇宙航空研究開発機構 宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて最終接近を実施した後、5月25日21時13分(日本時間)にISSロボットアームにより把持されま...
0301機体システム

宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)の 打上げ結果について

2020-05-21 宇宙航空研究開発機構 宇宙ステーション補給機「こうのとり」9号機(HTV9)は、H-IIBロケット9号機(H-IIB・F9)により、種子島宇宙センターから2020年5月21日2時31分00秒(日本標準時)...
0301機体システム

東邦航空アエロスパシアルAS332L型回転翼機の墜落(群馬県上野村、平成29年11月8日)

非常着陸を試みた際、テールローターが機体から分離して操縦不能に陥り墜落。テールローター分離は、点検整備においてベアリングの損傷状態が適確に把握されず、ベアリングが損傷して固着したことにより、スピンドルボルトが破断した、と推定される。
0301機体システム

シミュレーションの精度向上を目指した機内騒音の計測試験を実施

「多分野統合シミュレーションシステム」研究の試験で、実地試験分野とシミュレーション分野の専門家が密に連携し、機内で感じるエンジン騒音や風切り音などがどのように伝わるのかなどを解明していくための研究の基礎となるデータ取得をめざす。
0300航空・宇宙一般

ALEとJAXA、宇宙デブリ拡散防止装置の事業化に向けた J-SPARC事業共同実証を開始

2021年度内に宇宙デブリ拡散防止装置を超小型衛星へ搭載し、宇宙空間での実証を行う。カーボンナノチューブ電子源と導電性テザーを用いた世界初の装置。衛星のミッション終了後に、長い紐を宇宙空間で展開し地球磁場を使って衛星の軌道を変更するもの。
0101機械設計

極超音速旅客機 機体搭載形態でのエンジン燃焼実験に成功

2020年2月12~14日に、JAXA角田宇宙センターのラムジェットエンジン試験設備において、極超音速旅客機の機体とエンジンの一部を模擬した実験模型を用いて、マッハ4飛行状態での燃焼実験を実施した。
0301機体システム

三菱航空機、「PW1200G」の国内組み立て初号エンジンを搭載し飛行に成功

国内組み立て初号エンジン「Pratt & Whitney GTF™ PW1200G」を開発中の「三菱スペースジェット」に初めて搭載し、飛行を実施した。
1600情報工学一般

二輪型マルチコプタ及び3D技術を用いた点検データ整理技術 (QS-190002-A)

橋梁などの構造物点検を一定間隔を保ちながら近接撮影を行う二輪型マルチコプタ、及び点検データと部材情報を、3D-CADモデル上で自動的に整理する技術。富士通株式会社、国立大学法人 名古屋工業大学、株式会社プロドローン
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました