NASA、火星探査機InSightの協力を得て月の地震を測定へ(NASA to Measure Moonquakes With Help From InSight Mars Mission)

ad

2024-05-29 NASA

, Farside Seismic Suite’s inner cubeSeen here during assembly in November 2023, Farside Seismic Suite’s inner cube houses the NASA payload’s large battery (at rear) and its two seismometers. The gold, puck-shaped device holds the Short Period sensor, while the silver enclosure contains the Very Broadband seismometer. NASA/JPL-Caltech

NASAのFarside Seismic Suite(FSS)は、火星探査機InSightで使用された技術を基にした2つの地震計で構成されています。これらの地震計は、2026年に月の裏側のシュレディンガー盆地に到着し、約50年ぶりに月面の地震データを提供します。FSSは、微小な隕石衝突による月の背景振動を記録し、月の内部構造や地震活動に関する新たな洞察をもたらします。このデータは、月や他の岩石惑星の形成と進化の理解に寄与すると期待されています。

<関連情報>

ad
1701物理及び化学
ad
ad


Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました