2022-08

0500化学一般

自然絶縁性材料が室温で超蛍光のパルス光を発する(‘Naturally Insulating’ Material Emits Pulses of Superfluorescent Light at Room Temperature)

2022-08-29 ノースカロライナ州立大学(NCState) より明るく安定した光学用ナノ粒子の合成を目指していた研究者たちは、合成したナノ粒子が、室温と一定の間隔で発生する超蛍光という驚くべき特性を示すことを発見した。この成果は、よ...
1700応用理学一般

周期構造の対称性制御で近赤外光の閉込めに成功~ナノ粒子をずらして光の分布を操作し、レーザやセンサの発展に寄与~

2022-08-29 京都大学 材料化学専攻の村井俊介 助教、Libei Liu 同博士課程学生、田中勝久 同教授らはオランダ、スペインのグループらとの国際共同研究において、ガラス基板上に周期的に並べたナノ粒子内に近赤外光を閉込める技...
0400電気電子一般

充電器の使い回しで充電式ライトが発火 ~本末転倒な防災準備にならないために~

2022-08-25 製品評価技術基盤機構 本件の概要 資料の概要:  独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))は、9月1日の「防災の日」に合わせて、充電式ライト※1を他製品の充電器で充電してしまうと発火のお...
ad
1701物理及び化学

19 万光年かなたの⼩マゼラン雲から星の産声をキャッチ!

2022-08-29 国立天文台 欧州宇宙機関のハーシェル宇宙天⽂台が遠⾚外線で観測した⼩マゼラン雲(左図)とアルマ望遠鏡で観測された原始星Y246からの双極分⼦流(右図)。シアンおよび⾚⾊で⽰した部分が、それぞれ地球に近づく⽅向...
0403電子応用

演算を行うシリコンイメージセンサー(Silicon image sensor that computes)

自動運転車やその他のアプリケーションの画像処理を高速化・簡略化するデバイスを開発 Device speeds up, simplifies image processing for autonomous vehicles and othe...
0700金属一般

次世代量子・電子デバイスのための2次元材料研究のスピードアップに成功(A Faster Way to Study 2D Materials for Next-Generation Quantum and Electronic Devices)

人工知能を活用した新しいアプローチで、自動化された実験を補強する New approach leverages artificial intelligence to augment automated experiments 2022-...
0109ロボット

空気で動く「腕」は便利かもしれない(Powering an ‘arm’ with air could be mighty handy)

歩くことで圧力を送り出す空気圧ロボットで、障がい者支援に貢献 Walking feeds pressure to pneumatic robots that could help those with disabilities 2022...
1702地球物理及び地球化学

コンピュータトモグラフィにより脈動オーロラの3次元構造の復元に成功!

2022-08-26 国立極地研究所,東北大学,電気通信大学 国立極地研究所の吹澤瑞貴特任研究員、田中良昌特任准教授、小川泰信教授を中心とする、東北大学、電気通信大学などの研究グループは、北欧の3地点で観測されたオーロラ画像に、医療診...
1701物理及び化学

火星探査機「パーセバランス」が地質学と水の歴史に関する重要な手がかりを発見(Perseverance rover retrieves key clues to Mars’ geologic and water history)

2022-08-25 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) ジェゼロクレーターの底にある4つの場所から採取された岩石は、火成岩の積岩である。つまり、溶融マグマが冷却されてできたもので、サンプルが地球に戻れば正確な年代測定に最も適した岩...
0505化学装置及び設備

ストレスのモニタリングが可能なセンサーアレイを開発~緊張により発生するストレスガスを機械学習により識別~

2022-08-25  産業技術総合研究所 ポイント 酸化スズナノシートのナノ構造を制御することでストレスガスを選択的に検知できるセンサーを開発 機械学習によるデータ解析法を開発し、センサーアレイでストレスガスの識別を実現...
1701物理及び化学

火星に水が存在した可能性のある時期について、新たな研究成果が発表されました。(New research sheds light on when Mars may have had water)

パーセバランスに搭載されたスーパーカムにより、ジェゼロクレーターの岩石組成が解明された The SuperCam instrument onboard Perseverance helped researchers better unde...
1601コンピュータ工学

この新しいチップは、より速く、より安全なAIにつながる可能性があります。(This New Chip Could Lead to Faster, More Secure AI)

2022-08-25 ピッツバーグ大学 研究チームは、クラウドに頼らずローカルで人工知能プログラムを実行できる新しいタイプのコンピューターチップの開発に貢献した。 「コンピュート・イン・メモリー」チップは、より安全で高速かつ安価、さらに...
ad
タイトルとURLをコピーしました