マイクロ波電力伝送システムのサンプル提供開始~電池交換・電源ケーブルからの解放~

ad
ad

2022-03-28 京都大学

京都大学COI(Center of Innovation)において、篠原真毅 生存圏研究所教授とパナソニック株式会社(以下、パナソニック)が共同で研究開発を進めてきたマイクロ波電力伝送システムについて、プロトタイプシステムの開発が完了し、試験用サンプルの提供を開始します。

開発したシステムは、920MHz帯のマイクロ波(電波)を活用し、長距離でのワイヤレス電力伝送を行うことが可能で、電池交換や電源ケーブルが不要でいつでもどこでも電源供給をすることのできる技術です。この920MHz帯のマイクロ波電力伝送技術は、2022年に電波法施行規則等に関する省令が改正される見込みとなっており、免許を取得することで、屋内の一般環境下で利用することができます。現段階では送電できる電力が小さいため、受電機器はセンサをはじめとする小電力で動作する機器に限定されますが、離れた場所に設置された送電機から常に電力を供給することができるため、電池切れの心配や電源コードの煩わしさの無い空間を提供することができます。

今回、パナソニックは、920MHz帯の電波を活用した送電機と受電機からなるマイクロ波電力伝送システムEnesphere(エネスフィア)を開発し、サンプル提供を開始するとともに、様々な用途・シーンでの試験的活用を進めていきます。

本研究成果は、2022年3月24日に発表されました。


図:パナソニックが開発したマイクロ波電力伝送システムEnesphere

詳しい研究内容≫

研究者情報
研究者名:篠原真毅

タイトルとURLをコピーしました