世界初、6G 時代の超カバレッジの実現に向けたユーザー追従型メタサーフェス制御の実証に成功

ad
ad
ad
ad

人や機材が遮蔽物になる屋内に、より快適なミリ波高速通信環境を提供

2021-11-12 日本電信電話株式会社,株式会社 NTT ドコモ

日本電信電話株式会社(以下、NTT)と株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、「電波反射方向を制御するメタサーフェス ※1 反射板(以下、RIS※2 反射板)」と 28GHz 帯 5G 基地局(以下、基地局)を用いて、ユーザーの動きに合わせて基地局からの電波の反射方向を動的に変更させる実験に世界で初めて成功しました。※3 これにより、遮蔽(しゃへい)物により基地局のアンテナが見通せない場所でも、移動するユーザーに電波を届けることが可能となり、工場やオフィスなどの遮蔽物が多い場所での高周波数帯の電波の利用シーンが拡大します。今後は、6G 時代を見据え、より高い周波数帯でも超高速無線通信を安定して提供するためのエリア化ツールとして実用化をめざし、検証を進めていきます。

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました