デジタルツインの実現に向けて連携を拡充

ad
ad
ad
ad

国土交通データプラットフォームでの 3D 地形図表示の実現と 3D 都市モデル(PLATEAU)等との連携

2021-08-06 大臣官房技術調査課,都市局都市政策課, 道路局企画課,国土技術政策総合研究所

国土交通データプラットフォームにおいて、従来の2D地形図に加え3D地形図での表示が可能となるとともに、3D都市モデル(PLATEAU)などとのデータ連携が拡充されました。
また、国土交通データプラットフォームへの実装に向け、データ利活用を推進するための要素技術に関する研究開発について、新たに公開しました。

【国土交通データプラットフォームの概要】
● 国土交通省と民間等のデータによるデジタルツインの実現を目指す
●3次元データ視覚化機能、データハブ機能、情報発信機能を有するプラットフォームの構築
●API を活用することでデータを最新の状態で提供
●業務の効率化やスマートシティの推進、産学官連携によるイノベーション創出
※利活用イメージとして、民間企業より提案いただいたものを併せて公表します
※API:サービスの機能やデータ等を他のサービス等から呼び出して利用するための接続仕様

【今回の追加データ】
【① 3D 地形図、3D 都市モデル】
・ 3D地形図(国土地理院標高DEM)【新規追加】
・ 国土交通省が主導する、日本全国の 3D 都市モデル整備・活用・オープンデータ化事業 Project PLATEAU (プラトー)によって整備された 29 都市の 3D 都市モデル【新規追加】
※今後順次、全 56 都市の3D 都市モデルを公開予定国土交通データプラットフォーム https://www.mlit-data.jp/platform <Project “PLATEAU”>ウェブサイト:www.mlit.go.jp/plateau/ Twitter:@ProjectPlateau

【② 全国道路・街路交通情勢調査】
・ 平成27年度全国道路・街路交通情勢調査 一般交通量調査結果【新規追加】

【③ 東京都 ICT 活用工事データ】
・ 東京都が行った ICT 活用工事での点群データ【13 件追加】

【④ 要素技術の研究開発】
・ 2 次元 CAD 図面から 3 次元モデルを自動で作成する技術に関する研究開発【新規追加】
・ 電子成果品のメタデータを自動で作成する技術に関する研究開発【新規追加】
※国土交通データプラットフォームの SHOWCASE のページで研究開発状況の概要を公開

問い合わせ先
(取組全般について)
国土交通省 大臣官房 技術調査課課長補佐 大畑 俊和、係長 小泉 陽彦

(PLATEAU データについて)
国土交通省 都市局 都市政策課 課長補佐 内山 裕弥、主査 中島 絵里
(全国道路・街路交通情勢調査データについて)国土交通省 道路局 企画課 道路経済調査室 課長補佐 岡本 直剛、係長 鳥畑 一博

(東京都が行った ICT 活用工事データについて)
東京都 建設局 総務部 技術管理課 課長代理 隼瀬 健后

(国土交通データプラットフォームのシステム、要素技術の研究開発について)
国土技術政策総合研究所 社会資本マネジメント研究センター 社会資本情報基盤研究室

詳しい資料は≫

タイトルとURLをコピーしました