工場の生産順序計画を最適化するソリューションに操作性を向上する機能を追加

ad
ad

2021-02-19 株式会社富士通九州システムズ

当社は、生産順序計画の最適化を行う「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA Sequence Planning Optimization(以下COLMINA SPO)」(注1)に、UX(ユーザ・エクスペリエンス)向上につながる機能を追加し、2021年3月から販売予定です。

本製品は、生産の初期計画や再計画の際に、最適化エンジン「OPTEMILIS(オプティマイリス)」(注2)により生産順序を自動で並べ替え、生産リードタイム・稼働率・段替回数などを多目的に最適化します。UX向上の実現により、製造業のDX加速に貢献します。

製造現場では、市場の多品種少量生産のニーズ、人手不足や働き方改革による労働時間の制約に対応するため、より一層の生産性の向上が求められています。当社は、お客様のスマートファクトリーの実現に貢献するソリューションとして、生産順序を複数の目的(指標)に対し最適化することで、生産性の高い計画策定を支援するCOLMINA SPOを提供しています。

現在、COLMINA SPOのシミュレーションに必要な入力データ設定および出力部分は、Excel VBAやcsvデータを使うことから、操作性や表現力に課題がありました。その解決策として、当社はCOLMINA SPOに入力データを設定する作業を効率的に、かつ結果を視覚的に確認できるユーザーインターフェイス機能を追加し、操作性や表現力を向上させることでお客様の生産順序計画策定のリードタイムの短縮を図ります。

生産ラインイメージ

エンハンス機能の特徴

  1. 操作性の良いデータインプット機能COLMINA SPOのクライアントツールで、シミュレーションに必要な工場レイアウト情報や制約条件をプログラミングなしで直感的に設定できます。
  2. 表現力の高いデータアウトプット機能COLMINA SPOのクライアントツールで、シミュレーション結果を基にパレート図やガントチャートなど視覚的にデータを可視化できます。
  3. 生産シミュレーション機能強化お客様の声から主に下記機能を強化しました。
    • 分岐機能拡張:単一条件分岐から最大10個の条件を考慮した複数条件による分岐が可能
    • バッファ機能拡張:工程間にモノを溜める機能に加え、意図的に一定量溜める機能を追加
    • 多台持ち機能拡張:これまでの固定順序に加え、優先度など複数条件の設定が可能

当社は、ものづくり事業ブランドCOLMINAのミッション「製造業のDX実現を支えるサービスを、グローバルにオープンに迅速に提供することを通じて、ものづくりにイノベーションをもたらす」のもと、製造業のお客様のDXを支え、新しい価値創造および競争力強化を支援していきます。

注釈

注1
COLMINA SPO:
当社が開発、富士通株式会社が販売

注2
OPTEMILIS(オプティマイリス):
株式会社富士通研究所が開発した計画最適化エンジンで、生産現場の稼動実績からモデル化し、装置故障などの突発事象が発生したときに、即座にシミュレーションを行い、ヒト・モノ・装置の最適オペレーション計画を提供。

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

お電話によるお問い合わせ
エンジニアリングソリューション本部 デジタルシミュレーション部

 

タイトルとURLをコピーしました