0202海洋空間利用

洋上風力タービンがクリーンな水素製造の道を開く(Offshore Wind Turbines Offer Path for Clean Hydrogen Production) 0202海洋空間利用

洋上風力タービンがクリーンな水素製造の道を開く(Offshore Wind Turbines Offer Path for Clean Hydrogen Production)

2024-07-11 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL) Two different configurations were studied for generating clean hydrogen using offshore...
海洋デジタルツイン実現に向け、AIを活用して海中の生物や構造物の3次元形状データを取得する技術を開発~海洋生態系の保全施策の立案を支援して、カーボンニュートラルや生物多様性保全に貢献~ 0202海洋空間利用

海洋デジタルツイン実現に向け、AIを活用して海中の生物や構造物の3次元形状データを取得する技術を開発~海洋生態系の保全施策の立案を支援して、カーボンニュートラルや生物多様性保全に貢献~

2024-03-26 富士通株式会社 当社は、海洋の状態をデジタル空間に高精度に再現し、海洋を構成する環境の変化や海洋を活用した施策の効果などのシミュレーションによる予測を可能にする海洋デジタルツインの研究開発の一環で、AIを活用し、自律型...
メタンハイドレートが分布する海底のメタン動態を評価~好気性・嫌気性微生物の共存がメタン消費のカギ~ 0202海洋空間利用

メタンハイドレートが分布する海底のメタン動態を評価~好気性・嫌気性微生物の共存がメタン消費のカギ~

2024-03-11 産業技術総合研究所 ポイント 山形県酒田市沖の海底堆積物を対象に、微生物の鉛直分布と活性を解明 好気性・嫌気性微生物の共存領域を発見し、この領域を含む堆積物中でのメタン消費速度を推定 海底のメタン動態の理解やメタンハイ...
ad
壊れやすい生物の深海調査における新技術の成功を実証する取り組み(URI professor leads effort demonstrating success of new technology in conducting deep-sea research on fragile organisms) 0202海洋空間利用

壊れやすい生物の深海調査における新技術の成功を実証する取り組み(URI professor leads effort demonstrating success of new technology in conducting deep-sea research on fragile organisms)

2024-01-17 ロードアイランド大学(URI) ◆多機関チームは、新しい画像技術とロボットデバイスを使用して、深海の壊れやすい動物の組織と高解像度の3D画像を数分で取得できることを実証。URIのBrennan Phillips教授率い...
NRELの分析が洋上風力開発の推進要因を特定(News Release: NREL Analysis Identifies Drivers of Offshore Wind Development) 0202海洋空間利用

NRELの分析が洋上風力開発の推進要因を特定(News Release: NREL Analysis Identifies Drivers of Offshore Wind Development)

2023-10-09 米国国立再生可能エネルギー研究所(NREL) ◆米国エネルギー省の研究者らによるモデル化によれば、2050年までに米国大西洋岸沿いの地域の最大20%の電力需要をオフショア風力発電所が供給する可能性がある。ただし、展開は...
NEDO、国内初となる「洋上風況観測ガイドブック」を公開~円滑な洋上風況観測の実現で、洋上風力発電の導入拡大を目指す~ 0202海洋空間利用

NEDO、国内初となる「洋上風況観測ガイドブック」を公開~円滑な洋上風況観測の実現で、洋上風力発電の導入拡大を目指す~

2023-04-06 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOは洋上風況調査手法の確立において、今まで日本国内では整理されていなかった洋上風力発電所の事業計画や風車設計に必要な情報を、風況観測の実施者向けにまとめた「洋上風況観測ガイドブ...
世界初、海中音響通信技術活用による1Mbps/300m 伝送を達成し完全遠隔無線制御型水中ドローンを実現~6G-IOWN がめざす「超カバレッジ拡張」に向けて前進~ 0202海洋空間利用

世界初、海中音響通信技術活用による1Mbps/300m 伝送を達成し完全遠隔無線制御型水中ドローンを実現~6G-IOWN がめざす「超カバレッジ拡張」に向けて前進~

2022-11-01 日本電信電話株式会社,株式会社NTTドコモ, NTTコミュニケーションズ株式会社 日本電信電話株式会社(代表取締役社長:島田 明、以下「NTT」)、株式会社 NTT ドコモ(代表取締役社長:井伊 基之、以下「ドコモ」)...
海底面下を透視する技術を開発~深海の埋在性底生生物の現場観測に世界で初めて成功~ 0202海洋空間利用

海底面下を透視する技術を開発~深海の埋在性底生生物の現場観測に世界で初めて成功~

2022-07-27 東京大学,海洋研究開発機構,産業技術総合研究所 発表のポイント ◆深海の堆積物中に生息する底生生物(以下、埋在性生物)の3次元的な分布を高周波の超音波を応用して非接触で効率的に調査できるツールを開発しました。 ◆従来の...
AUV(自律型無人潜水機)の安全運用ガイドラインを策定・公表 0202海洋空間利用

AUV(自律型無人潜水機)の安全運用ガイドラインを策定・公表

洋上風力発電設備のメンテナンス等でのAUV(自律型無人潜水機)運用時の事故防止に必要な安全要件等を定めたガイドラインを策定した。
海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功 ~南極海での調査に向けて大きな一歩~ 0109ロボット

海中ロボットによる海氷裏面の全自動計測に成功 ~南極海での調査に向けて大きな一歩~

南極の海氷や棚氷域を探査する新しいAUV(自律型海中ロボット)「MONACA」を開発し、北海道紋別港で、日本で初めて、海氷に対して相対的に測位しながらの面的な形状計測に成功した。
シビレエイを用いた海底地形探査~底棲生物の特性を利用し海底地形図が作成可能なことを実証~ 0202海洋空間利用

シビレエイを用いた海底地形探査~底棲生物の特性を利用し海底地形図が作成可能なことを実証~

2020-12-08 理化学研究所,株式会社リバネス 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター集積バイオデバイス研究チームの田中陽チームリーダー、船野俊一研究員、田中信行上級研究員らの共同研究グループは、底棲生物であるシビレエイの自律的...
沖合海底自然環境保全地域の指定について 0202海洋空間利用

沖合海底自然環境保全地域の指定について

2020-12-03 環境省 本日、令和2年12月3日(木)、自然環境保全法に基づき、初めての沖合海底自然環境保全地域が4地域指定されました。 1.指定について 平成31年4月26日に自然環境保全法の一部を改正する法律(平成31年法律第20...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました