1603情報システム・データ工学

1603情報システム・データ工学

HPCI共用ストレージへのデータ転送サービス開始

X線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA」で得られた実験データの大規模解析のため、SACLAからHPCI共用ストレージへのデータ転送サービスを開始した。
1603情報システム・データ工学

Jリーグのスタジアムやクラブハウスなどで新型コロナウイルス感染予防のための調査(第三報)

Jリーグの試合時における観客の新型コロナウイルス感染リスクとその対策の効果を評価するために計測調査を進めてきた。座席間隔の確保、マスク着用、消毒、手洗いの対策を実施することで実施していない場合と比較して感染リスクが94%削減されると評価。
1603情報システム・データ工学

大規模AIクラウド計算システム「ABCI」が「ABCI 2.0」にアップグレード

大規模AIクラウド計算システム「ABCI 2.0」の一般提供をスタートした。ピーク性能は単精度で226.0ペタフロップス、半精度で851.5ペタフロップスとなり、従来システムの1.5~3倍に。先進的なAI研究開発・応用実証や国内の大規模データ保有企業によるABCIの活用を加速。
1603情報システム・データ工学

コロナ禍における人々の行動の変化のタイミング

新型コロナウイルスの流行は公衆衛生のみならず経済活動や暮らしに大きな影響を与えている。消費と人流に関する日次レベルのデータに着目し、一般に利用な可能ないくつかのデータについて紹介する。また、統計モデルによって分析し人々の行動が変化した時点を調べる。
1603情報システム・データ工学

医薬品開発や治験に電子カルテ診療データなどのリアルワールドデータを活用

電子カルテシステムの診療情報をはじめとするリアルワールドデータを製薬企業における医薬品開発や治験、予防医療などに利活用するため、国立研究開発法人国立がん研究センターと包括的な共同研究契約を締結し共同研究を開始した。
1603情報システム・データ工学

東京駅における「旅行者向け駅構内ナビゲーションシステム」のモニター実証実験について

2021-02-26 東日本旅客鉄道株式会社,リンクス株式会社 東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:深澤祐二、以下「JR 東日本」)とリンクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長:小西祐一、以下「リンクス...
1603情報システム・データ工学

非接触でクリーンなマルチ生体認証技術を開発

マスク着用での本人確認も可能で安全・安心な実店舗での決済を実現 2021-01-21 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、顔情報で照合対象者を絞りこみ、手のひら静脈で本人を特定する非接触な生体...
1603情報システム・データ工学

AIによる360°パノラマ画像へのCG家具自動配置サービス「AIステージング β版」を無償提供開始

バーチャルなホームステージングを複数バリエーションで翌日納品 2021-01-20 株式会社リコー 株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)は、バーチャル...
1603情報システム・データ工学

計算論的精神医学のデータベースの構築 ~精神疾患の理解と治療法の解決に向けて~

2020-12-04 国立精神・神経医療研究センター 国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所疾病研究第7部の山下祐一室長、東京大学総合文化研究科博士後期課程3年の加藤郁佳、専修大学人間科学部の国里愛彦准...
1603情報システム・データ工学

世界最大の GPU スーパーコンピュータを用いた多相流体解析~GPU 向け省通信型行列解法の開発~

『原子力機構の研究開発成果2020-21』P.95 図9-7 通信オーバーラップ手法の模式図 (a)は各 GPU における計算領域の中心部分と表面部分への分割の様子を示します。(b)は各 GPU 上で処理を分割、並行処理して、通...
ad
タイトルとURLをコピーしました