1600情報工学一般

1600情報工学一般

デジタル・トレース・アプリケーションは、病気の発生を軽減するために、社会的なつながりを取り入れる必要があります。(Digital tracing apps should incorporate social connections to mitigate disease outbreaks)

アールト大学の研究者たちは、ネットワーク科学を利用して、デジタルトレース技術の効率性をモデル化しました。 Researchers at Aalto University used network science to model the ...
1600情報工学一般

世界初、ダイヤ中の量子メモリーによる量子誤り訂正に成功 ~誤り耐性のある量子コンピューターへの道を開く~

2022-04-27 横浜国立大学,科学技術振興機構 ポイント 量子コンピューターを大規模化するためには、量子インターフェースによって量子ネットワークに接続し、分散処理化することが必要である。 分散処理にはタイミン...
1600情報工学一般

ディープフェイクの検出で世界最高性能を達成 ~SBIsでディープフェイク動画の高精度判定を可能に~

2022-04-26 東京大学 ディープラーニングを使用し、画像を入れ替えて作られるディープフェイク動画は、政治家など著名人の偽動画生成にも悪用され、世界中で問題となっています。 情報理工学系研究科電子情報学専攻の大学院生塩原楓さん...
1600情報工学一般

AIバイアスには偏ったデータ以上のものがある、NISTレポートが指摘(There’s More to AI Bias Than Biased Data, NIST Report Highlights)

人工知能の偏りを根絶するには、人間やシステム上の偏りにも対処する必要があります。 Rooting out bias in artificial intelligence will require addressing human and ...
1600情報工学一般

空間情報にひも付く ARコンテンツを短期間で簡易に作成できるパッケージを開発

パッケージを活用した実証実験を大阪道頓堀で開始 2022-03-15 株式会社 NTTドコモ 株式会社 NTT ドコモ(以下、ドコモ)は、現実世界の空間情報 に ひも付く AR コ ン テンツ(以下、空間 AR コンテンツ)の作成を...
1600情報工学一般

見る角度や光の当たり方により色が変化する「構造色」を 高精細8Kの3DCGで表現する手法を開発

2022-02-14 シャープ株式会社 構造色を持つ重要文化財『油滴天目』(九州国立博物館蔵) シャープマーケティングジャパン株式会社(本社:大阪府八尾市、代表取締役社長:中山 藤一、以下、SMJ)は、学校法人法政大学 ...
1600情報工学一般

JSTのプレプリントサーバー「Jxiv(ジェイカイブ)」の運用開始

日本で初めての本格的なプレプリントサーバー 2022-03-11 科学技術振興機構 JST(理事長 濵口 道成)は、研究成果の迅速な公開とオープンサイエンス推進のため、未発表のプレプリント(査読前論文)をオープンアクセスで公開するプ...
1600情報工学一般

Cyber Physical System(CPS)を低コストで制御するAIを開発

ロボットやドローン、自動車などのさまざまな物理システムを計算機(情報システム)で管理し制御するサイバーフィジカルシステム(CPS)において、多種多様かつ複雑なタスクを実行するための制御機能を低コストで学習する新たな人工知能(AI)技術を開発しました。CPSにおいて想定される複雑なタスク仕様を信号時相論理(STL)で記述し、それらをベクトルに変換する技術(STL2vec)を新たに構築することで、多種多様なタスクの下での制御機能を統一的かつ省メモリーで学習することを可能としました。
1600情報工学一般

音声アシスタント利用者のデータ主権を向上(Increased data sovereignty for voice assistant users)

2022-03-01 フラウンホーファー研究機構 Amazon AlexaやGoogle Assistantのような音声アシスタントは、日常生活において便利な存在かもしれませんが、データ保護団体や消費者擁護団体から非難を浴びているのです。...
1600情報工学一般

AI倫理ガイドラインに基づきAIシステムの倫理上の影響を評価する方式を開発、手順書や適用例とともに無償公開

総務省、経産省が発表したAI倫理ガイドラインに基づきAIシステムの倫理上の影響を評価する方式を開発し、これに基づくAI倫理影響評価手順書ならびに適用例のドラフト版をAIシステムの開発者や運用者向けに、2022年2月21日より無償公開します。自然言語で書かれたAI倫理ガイドラインの記述内容を構造化して倫理要件を明確化する手順と、倫理要件を実際に利用するAIシステムに対応づける手順で構成されます。
ad
タイトルとURLをコピーしました