1600情報工学一般

1600情報工学一般

交通安全の向上を可能にする 3D ホログラフィック・ヘッドアップディスプレイ

道路上のオブジェクトを超高精細度ホログラフィック画像で運転手の視野に直接表示する、LiDAR(light detection and ranging)をベースとした拡張現実(AR)ヘッドアップディスプレイ(HUD)を初めて開発。
1600情報工学一般

量子コンピュータの実用化加速へ

理研に量子コンピュータ研究センター(RQC)が発足した。量子コンピュータの情報単位である「量子ビット」を、世界で初めて固体素子で実現した中村泰信センター長のもと14の研究室が集結。
1600情報工学一般

トロント大学と LG が「説明できる」人工知能アルゴリズムを開発

ディプレイ画面の欠陥の特定と除去を支援する「説明できる」人工知能(XAI)アルゴリズム、「Semantic Input Sampling for Explanation(SISE)」を開発。
1502サービスマネジメント

イオンリテール様が店舗のスマートストア化に向けて AI映像解析ソリューション「GREENAGES Citywide Surveillance」を採用

AI映像解析ソリューションを活用したAIカメラシステムは、店内のカメラ映像から来店したお客様の行動を分析・学習することで、店内の人数をリアルタイムにカウントし混雑状況を検知するほか、接客を必要とするお客様をいち早く把握し従業員に通知、また未成年者への酒類販売防止などを強化し、安心・安全な店舗運営や接客品質の向上を実現する。
1600情報工学一般

デジタルツインを活用した『次世代AI都市シミュレーター』の研究開発を開始

小田急線海老名駅と周辺施設を対象に、来訪者の行動変容を促す人流誘導アルゴリズムを実装する『次世代AI都市シミュレーター』の研究を開始する。
1600情報工学一般

計算シミュレーションとAIを連携させ、仮想実験環境を構築

「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」に取り組んでおり、今般、同プロジェクトで開発した伝導度などの計算を行う第一原理計算シミュレーターとAI技術の連携により、材料の電気伝導度計測を計算機上で再現する基盤技術を開発した。
1600情報工学一般

光を用いたスパイキングニューラルネットワークを実現

縮退光パラメトリック発振器(DOPO) を用いて、神経細胞の発火信号(スパイク)を模擬する人工光ニューロンを作成することに成功した。さらに、240個のDOPOニューロンのネットワークを構築し、集団となったDOPOニューロンの同期現象の観測を行った。DOPOニューロンは結合したニューロン間の同期を反映して、各々の発火モードを自発的に変化させる性質を持つことが発見された。
1600情報工学一般

AI を使って 3D ホログラムをリアルタイムに創出

AI を利用してほぼ瞬時に 3D ホログラムを作り出す、テンソルホログラフィー(tensor holography)技術を開発。効率的なディープラーニングをベースとするため、ラップトップでの高速処理が可能。
1600情報工学一般

AIによる不審行動検知や試験問題作成を支援するシステムの実証研究を実施

実証研究では、顔の有無や向きの検出などが可能なAIにより本人確認や試験中の不審行動を検知するオンライン自動試験監督システムと、多様な設問形式で柔軟かつ効率的にオンライン試験問題の作成や配信が可能なシステムを使用したオンライン仮試験を実施し、自宅などから受験する学生の様子をシステムで記録、解析することで、両システムの有用性を確認した。
1600情報工学一般

AI とニューロモーフィックコンピューティングでのフォトニクスの可能性を調査

フォトニック・ニューロモーフィックコンピューティングでは、光を利用した信号の移動と処理により、より高速な帯域幅とエネルギー損失量の大幅な低減を可能にする。脳のニューロンとシナプスの基本的な機能を直接模倣するデバイスを開発し、コンピューティングハードウェアのバイオロジカルな処理システムへの転換を試みる。
ad
タイトルとURLをコピーしました