1600情報工学一般

1600情報工学一般

AIによる不審行動検知や試験問題作成を支援するシステムの実証研究を実施

実証研究では、顔の有無や向きの検出などが可能なAIにより本人確認や試験中の不審行動を検知するオンライン自動試験監督システムと、多様な設問形式で柔軟かつ効率的にオンライン試験問題の作成や配信が可能なシステムを使用したオンライン仮試験を実施し、自宅などから受験する学生の様子をシステムで記録、解析することで、両システムの有用性を確認した。
1600情報工学一般

AI とニューロモーフィックコンピューティングでのフォトニクスの可能性を調査

フォトニック・ニューロモーフィックコンピューティングでは、光を利用した信号の移動と処理により、より高速な帯域幅とエネルギー損失量の大幅な低減を可能にする。脳のニューロンとシナプスの基本的な機能を直接模倣するデバイスを開発し、コンピューティングハードウェアのバイオロジカルな処理システムへの転換を試みる。
1600情報工学一般

原子・分子のイオン化エネルギーを量子コンピューターで直接計算する手法を開発

量子コンピューターを用いてスピン量子数が異なる電子状態(スピン状態)間のエネルギー差を直接計算できる量子アルゴリズムを改良し、量子コンピューター実機に実装しやすくするとともに、中性原子・分子が電子を放出してイオンとなるために必要なエネルギーであるイオン化エネルギーの直接計算へと応用した。
1600情報工学一般

「AI で制作したオンライン講座」が開講!~AI を活用して制作した MOOC 講座は、日本初~

AI技術を活用して大規模公開オンライン講座(MOO )を制作し、ガッコが運営する MOOC 学習サービス「gacco® 」において、2021年3 月12日から提供。
1600情報工学一般

データ活用社会創成プラットフォームmdxを導入

mdxは、高性能な計算機と大容量のストレージを備え、国立情報学研究所が運用する学術情報ネットワークSINET5と連携することで、広域からのデータ収集機能と、データ集積・処理機能を、企業や自治体との共同研究も含めた全国の大学・公的研究機関が関与する様々なデータ活用の取組に提供し、分野・セクタを横断した連携を触媒するハブとなることを目指す。
1600情報工学一般

リコー、現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置を開発

現実空間に全方位映像を映し出すことのできる投影装置を開発した。まずはデジタルサイネージ用途で、2021年3月から「WARPE」(ワープイー)ブランドとして、ビジネスパートナーを募り、市場探索を開始。
1600情報工学一般

ドコモとニトリビジネス&リフォームが法人向けショールームに XR を導入

システムキッチンが 3D で現実空間に出現! 2021-03-03 株式会社 NTTドコモ,株式会社ニトリ 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)と株式会社ニトリ(以下、ニトリ)は、XR※1 サービスの検討に関する協業契約(以下、本契...
1600情報工学一般

病院やクリニックなどのリハビリテーション現場を支援する、AIを活用した関節可動域自動測定ソリューション「HOPE ROMREC」を販売開始

肩と肘の関節可動域の目視測定や測定値のシステム入力作業の自動化を実現 2021-02-24 富士通株式会社 当社は、リハビリテーションおよび整形外科に関わる病院やクリニックなどの医療施設を支援するため、AIを活用し患者のリハビリテー...
1600情報工学一般

空撮映像からの災害カテゴリ識別において傑出した推定精度を達成

米国国⽴標準技術研究所主催の映像検索技術評価"TRECVID"でトップレベルの評価を獲得 2021-02-19 国立情報学研究所 災害地域における低空撮影映像の実例ⅰ(列左より瓦礫、洪水、損壊の各例) 大学共同利用機関...
0107工場自動化及び産業機械

1つの教師データをもとに映像中の要素作業を自動検出する技術を開発

要素作業ごとの所要時間を自動で集計し、カイゼン活動における分析作業を効率化 2021-02-18 株式会社富士通研究所 株式会社富士通研究所(注1)(以下、富士通研究所)は、製造業などの作業現場における一連の作業映像から、「部品を取...
ad
タイトルとURLをコピーしました