0404情報通信

0404情報通信

量子メモリの記録的なエンタングルメントを達成 (Quantum physics: record entanglement of quantum memories)

2022-07-06 ドイツ連邦共和国・ミュンヘン大学(LMU) ・ LMU とザールランド大学が、33 km の光ファイバーケーブルでの原子 2 個による量子メモリのエンタングルメント(もつれ状態)の創出に成功。 ・ 放...
0404情報通信

世界初、フォトニック結晶レーザーを用いた高出力自由空間光通信の実証に成功~Beyond 5G/6G時代における宇宙空間での通信利用を目指して~

2022-09-22 京都大学 図 従来の送信機とフォトニック結晶レーザーを用いた送信機のイメージ 電子工学専攻の野田進 教授、森田遼平 同特定研究員、井上卓也 同助教、株式会社KDDI総合研究所らの共同研究グループは、フォ...
0404情報通信

磁気光学変調器(The Magneto-Optic Modulator)

超低温と室温のコンピュータ間の相互作用を効率化するデバイスを開発 Researchers create a device to streamline interactions between ultra-cold and room-tem...
ad
0404情報通信

Beyond 5G のモバイル通信を導く「ビームステアリング」技術 (‘Beam-steering’ technology takes mobile communications beyond 5G)

2022-06-03 英国・バーミンガム大学 ・ バーミンガム大学が、データ伝送効率を向上させる、5G・Beyond 5G 等のブロードバンドモバイル通信に向けたビームステアリングアンテナ技術を開発。 ・ 広帯域幅の継続的な...
0404情報通信

NISTの「アトミック・テレビジョン」をカラーで生中継(Watch NIST’s ‘Atomic Television’ Live and in Color)

2022-08-17 アメリカ国立標準技術研究所(NIST) 研究者は、リュードベリ原子センサーを通じて、動画をストリーミングし、受信する方法を発見した。 原子ベースの通信システムは、従来の電子機器よりも物理的に小型化でき、ノイズの多い...
0404情報通信

次世代ネットワークに必要なスピードと効率性を提供する6Gコンポーネンツ(6G Component Provides Speed, Efficiency Needed for Next-Gen Network)

2022-06-02 テキサス大学オースチン校(UT Austin) 世界中の研究者たちはすでに、次世代の無線通信技術である6Gの基礎を築いている。テキサス大学オースティン校の研究者が率いる国際チームは、将来の技術的飛躍に必要な高速化を達...
0404情報通信

NIST、5Gのミリ波帯で一貫した無線性能を確認(NIST Finds Wireless Performance Consistent Across 5G Millimeter-Wave Bands)

2022-05-10 アメリカ国立標準技術研究所(NIST) 米国国立標準技術研究所(NIST)の研究者は、無線通信分野における重要な論争に決着をつけ、高速でデータ量の多い5Gシステムの対象となるミリ波(mmWave)スペクトラムの異なる...
0404情報通信

Wi-Fiがあなたの近くの街灯にやってくるかもしれません。(Wi-Fi May Be Coming Soon to a Lamppost Near You)

2022-05-03 アメリカ国立標準技術研究所(NIST) NIST communications researchers traveled to downtown Boulder, Colorado, to verify thei...
0404情報通信

ニオブ酸リチウムチップに初の集積化レーザーを実現(First integrated laser on lithium niobate chip)

高出力通信システムの実現に道を拓く研究 Research paves the way for high-powered telecommunication systems 2022-04-06 ハーバード大学 ・長距離通信ネットワーク...
0404情報通信

5G+のインフラはタイル単位で構築される可能性がある(The Future of 5G+ Infrastructure Could be Built Tile by Tile)

2022-03-29 ジョージア工科大学 ・現在の5G+技術は、一般的にかさばり、非常に限られたサイズしかない大型アンテナアレイに依存しているため、輸送が困難であり、カスタマイズするにもコストがかかるという問題があります。 ・ジョージア...
0404情報通信

テラヘルツレーザーの急進展 (A leap forward for terahertz lasers)

2022-01-25 アメリカ合衆国・ハーバード大学 ・ ハーバード大学、米国陸軍戦闘能力開発コマンド(DEVCOM ARL)および DRS Daylight Solutionsが、0.25~1.3THz の周波数域で 1...
0404情報通信

南極域で初! 昭和基地でローカル5G実証実験を実施

2022-02-25 国立極地研究所,NECネッツエスアイ株式会社 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構 国立極地研究所(所長 中村卓司、以下 極地研)とNECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役執行役員社長:...
ad
タイトルとURLをコピーしました