0505化学装置及び設備

食肉タンパク質の加熱状態とpHを可視化する技術 0505化学装置及び設備

食肉タンパク質の加熱状態とpHを可視化する技術

加熱調理前後の食肉試料において食肉タンパク質の加熱状態とpHを、赤外スペクトルの測定によって簡単に同時検出する技術を開発しました。
海洋環境の情報が正しく記録された化石サンゴを見分ける手法を開発 0505化学装置及び設備

海洋環境の情報が正しく記録された化石サンゴを見分ける手法を開発

過去の海洋環境の解明を加速 2018/02/21 産総研 ポイント 気候変動の的確な予測には、過去の海洋環境を正確に記録している化石サンゴの選定が必須 サンゴ骨格のアラレ石から方解石への変質の程度を正確に測定して適切な化石サンゴを選定可能 ...
人工知能(AI)で触媒反応の収率を予測 0502有機化学製品

人工知能(AI)で触媒反応の収率を予測

-キャタリストインフォマティクスで触媒の発見に道- 2018/01/31産業技術総合研究所 使用する触媒構造の情報だけで触媒反応の収率を予測するAI技術を開発 予測に大きく寄与するパラメーターを自動的・客観的に選別し、触媒活性の鍵となる化学...
数万気圧極低温下での単結晶X線結晶構造解析に成功! 0505化学装置及び設備

数万気圧極低温下での単結晶X線結晶構造解析に成功!

大型放射光施設SPring-8における圧力下単結晶X線回折実験による結晶構造解析方法を確立し、圧力下で劇的な変化を示す物質の結晶構造とその変化のメカニズムを明らかにしました。
世界最高速の共焦点蛍光顕微鏡を開発 0110情報・精密機器

世界最高速の共焦点蛍光顕微鏡を開発

情報通信技術を応用し従来よりも桁違いに高速な共焦点蛍光顕微鏡の開発に成功。大量の細胞画像や生細胞の3次元構造情報を高速に取得でき、がん発見に対応する超高精度血液検査法の開発やバイオ燃料を生産する微生物の研究の加速が期待される。
大面積化・低コスト化を実現する新しい光触媒パネル反応器を開発 0505化学装置及び設備

大面積化・低コスト化を実現する新しい光触媒パネル反応器を開発

人工光合成システムの社会実装に向けて大面積化・低コスト化を実現する新しい光触媒パネル反応器の開発に成功しました。
簡便で環境に優しいクロスカップリング重合法を開発 0403電子応用

簡便で環境に優しいクロスカップリング重合法を開発

有機電子光デバイス用の高分子開発に有用な新技術 2018.01.05 国立大学法人筑波大学 国立研究開発法人物質・材料研究機構 筑波大学とNIMSの共同研究グループは、有機電子光デバイス用高分子半導体を合成するための新しい合成技術の開発に成...
世界初、グリコール酸を連続的に合成 0502有機化学製品

世界初、グリコール酸を連続的に合成

世界初、電力のみを使ってシュウ酸からグリコール酸を連続的に合成する装置の開発に成功 ~貯蔵や輸送が容易な次世代燃料の実用化に期待~ 平成29年12月13日 九州大学 科学技術振興機構(JST) 九州大学 カーボンニュートラル・エネルギー国際...
放線菌を用いたボツリオコッセン生産 0502有機化学製品

放線菌を用いたボツリオコッセン生産

-テルペノイド生産プラットフォームの開発- 2017年12月12日 理化学研究所 理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター天然物生合成研究ユニットの高橋俊二ユニットリーダー、ケミカルバイオロジー研究グループの室井誠専任研究員、長田裕之グ...
ad
タイトルとURLをコピーしました