NASAのセンサーが乾燥地域の地表鉱物の世界地図を初めて作成(NASA Sensor Produces First Global Maps of Surface Minerals in Arid Regions)

ad

2023-12-11 NASA

NASAのセンサーが乾燥地域の地表鉱物の世界地図を初めて作成(NASA Sensor Produces First Global Maps of Surface Minerals in Arid Regions)
NASA’s EMIT produced its first global maps of hematite, goethite, and kaolinite in Earth’s dry regions using data from the year ending November 2023. The mission collected billions of measurements of the three minerals and seven others that may affect climate when lofted into the air as dust storms.
NASA/JPL-Caltech

◆NASAのEMITミッションは、地球の鉱塵源領域の包括的なマップを初めて提供し、10の主要な鉱物の正確な位置を示している。これにより、これらの微粒子が大気と地表を冷却または加熱する影響をモデル化し、将来の気候変動を予測するのに役立つ。
◆EMITは国際宇宙ステーションに2022年に打ち上げられ、地球の中心部を取り囲む約11,000キロ幅の乾燥地域を対象に表面鉱物組成の詳細な情報を提供するイメージング分光計である。55,000以上のシーンをキャプチャし、気候モデル向けの新しいマップを作成。EMITデータは、鉱塵が生態系に与える影響や、遠くの場所での要素の移動などを研究するのにも利用され、地球表面の鉱物分布に関する新たな科学の展開が期待されている。

<関連情報>

1702地球物理及び地球化学
ad
ad
Follow
ad
タイトルとURLをコピーしました