欧州委員会と世界気象機関が新しい作業協定に署名

ad
ad
ad

European Commission signs a new working arrangement with the World Meteorological Organisation

 

「政策の科学」関連 海外情報(欧州議会記事) 元記事公開日:2020/12/14

 

Weather AppsAwardsの受賞者

 

欧州委員会(EC)のイノベーション・若年世代担当マリヤ・ガブリエル欧州委員と世界気象機関(WMO)のペテリ・ターラス事務局長が、欧州委員会(EC)とWMOとの間の作業協定に署名した。これにより、研究・イノベーション活動や、関連するHorizon Europeのミッションを通じて、欧州グリーン・ディール活動が支援される。また「地球観測に関する政府間会合」(GEO)が実施する「全球地球観測システム」(GEOSS)の展開も強化される。これらは、気候変動、持続可能な開発、災害リスクの軽減などの重要な分野において、国際的に設定された目標を達成する上で極めて重要となる。作業協定では、気候変動、災害リスク低減と緊急時対応、地球観測、早期警報システムの能力開発、エネルギーなど、12の協力分野を規定している。
https://ec.europa.eu/info/news/european-commission-signs-new-working-arrangement-world-meteorological-organisation-2020-dec-14_en

タイトルとURLをコピーしました