1603情報システム・データ工学一覧

車両感知器による計測

車両感知器によって車両の車両通行台数、速度等を計測します。 感知器ヘッドから超音波を周期的に発射し、車両の存在を感知します。車両感知器は、本線上約300~600m間隔で設置しており、収集した情報は、通信線を介して中央処理装置に送信されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク