農研機構

1202農芸化学

関東・東海向けのもち性六条大麦品種「きはだもち」標準作業手順書

2022-06-30 農研機構 カテゴリ 水田作 畑作 標準作業手順書(SOP) 食品・健康 農村・経営 タイトル 関東・東海向けのもち性六条大麦品種「きはだもち」標準作業手順書 発行年月日 ...
1202農芸化学

サツマイモ基腐病に抵抗性のある焼酎・でん粉原料用新品種「みちしずく」~「コガネセンガン」よりもサツマイモ基腐病に強く多収~

2022-06-22 農研機構 ポイント 農研機構は、サツマイモ基腐病1)に抵抗性のある、焼酎・でん粉原料用新品種「みちしずく」(旧系統名:九州200号)を育成しました。現在主力品種として普及している焼酎原料用の「コガネセンガン」よりも...
1200農業一般

ドローン・AIによるスマート植生評価法の開発~イネ科牧草との混播草地におけるマメ科牧草割合をAIが推定~

2022-06-16 農研機構 ポイント 農研機構は株式会社バンダイナムコ研究所と共同で、ドローンと人工知能 (AI) を用いて、イネ科牧草1)とマメ科牧草2)が混播された牧草地におけるマメ科牧草の被度3)を簡便に推定できる手法を開発し...
1201畜産

牧草新品種「夏ごしペレ」の種子販売開始~ 夏の暑さに強く嗜好性が高いペレニアルライグラス1)~

2022-06-15 農研機構 ポイント 農研機構と山梨県が共同で育成した新品種ペレニアルライグラス「夏ごしペレ」の種子の販売が2022年5月より開始されました。 本品種は、放牧用、採草地の完全更新及び簡易更新用として、東北地域及び中部...
1206農村環境

新たな牛のメタン排出量算出式を開発しマニュアル化~牛のゲップ由来メタン削減技術開発の加速化に期待~

2022-06-09 農研機構,広島大学,家畜改良センター,群馬県,兵庫県 ポイント 農研機構は牛のルーメン発酵由来メタン排出量を、搾乳ロボット等で測定した呼気中のメタン/二酸化炭素濃度比から求める、従来算出式より使いやすい算出式を開発...
1200農業一般

東北農業気象『見える化』システム」を公開~様々な気象の「見える化」で栽培管理や適地適作をサポート~

2022-06-08 農研機構 ポイント 農研機構は、ウェブサイト「東北農業気象見える化システム(」を本日公開しました。1kmメッシュ気象データを使ったマップを中心に、日々の気象を画像として表示します。その時の状態を確認しやすいよう、一...
1204農業及び蚕糸

イチゴのジャストインタイム生産に向けた生育センシングシステムを開発~ 需要期に合わせた出荷による所得向上に期待~

2022-05-17 農研機構 ポイント 農研機構は、イチゴのジャストインタイム生産の実現に向け、イチゴの生育情報を自動収集する生育センシングシステムを開発しました。本システムと生育モデルやAIを活用した生育制御技術とを組み合わせること...
1201畜産

山口県の野生イノシシの豚熱の感染源は約500km離れていた可能性~豚熱は近隣の野生イノシシだけではなく、距離を隔てて伝播する可能性にも注意が必要~

2022-05-16 農研機構 ポイント 農研機構は、豚熱1)ウイルスの遺伝子の解析により、本年3月に山口県内で陽性と確認された野生イノシシ由来のウイルスが、昨年5月におよそ500km離れた紀伊半島東部で陽性と確認されたイノシシに由来するウ...
1204農業及び蚕糸

サツマイモ基腐病の発生生態と防除対策 標準作業手順書

2022-04-28 農研機構 カテゴリ: 畑作 標準作業手順書(SOP) 病害虫・鳥獣害 タイトル: サツマイモ基腐病の発生生態と防除対策 標準作業手順書 発行年月日: 2022年4...
1200農業一般

カワヒバリガイ対策を目的とした貯水池の侵入検知及び落水標準作業手順書

2022-04-28 農研機構 カテゴリ: 標準作業手順書(SOP) 生産基盤・防災 気象・環境 タイトル: カワヒバリガイ対策を目的とした貯水池の侵入検知及び落水標準作業手順書 発行年月日...
ad
タイトルとURLをコピーしました