農研機構

1202農芸化学

米粉適性の高い水稲多収品種「ミズホチカラ」の栽培技術

2020-10-06 農研機構 カテゴリ:標準作業手順書(SOP) タイトル:米粉適性の高い水稲多収品種「ミズホチカラ」の栽培技術 発行年月日:2020年9月30日 概要: 米粉...
1202農芸化学

温暖化条件下で威力を発揮する 水稲の再生能力を活かした米の飛躍的多収生産

試験圃場レベルでおよそ1.5t/10aの超多収を達成 2020-09-08 農研機構 農研機構は、温暖化条件下で威力を発揮する「水稲再生二期作」において、1回目稲の収穫時期や高さを工夫することにより、試験圃場レベルでおよそ1.5...
1202農芸化学

九州向けもち性二条大⻨品種「くすもち二条」標準作業手順書

2020-08-25 農研機構 カテゴリ:標準作業手順書(SOP) タイトル:九州向けもち性二条大⻨品種「くすもち二条」標準作業手順書 発行年月日:2020年7月27日 概要: ...
1900環境一般

世界初、根の改良により塩害に強いイネを開発~塩害水田向けのイネ育種に新たなアプローチ~

2020-08-20 産業技術総合研究所 農研機構と東北大学、産業技術総合研究所は、塩害水田で生育阻害を回避するため、根の張り方を制御する遺伝子(qSOR1、キューソルワン)を世界で初めてイネで発見しました。塩害水田では塩による直接...
1202農芸化学

フレッシュ感のあるたくあん漬けを製造できるダイコン「令白」~ 収量も良く、漬物加工用に最適~

2020-07-20 農研機構,渡辺農事株式会社 ポイント 臭いや黄変の元となる成分(グルコラファサチン1))を含まないダイコン「令白(れいはく)」を育成しました。本品種を用いると、いわゆる'たくあん臭'が無く、フレッシュ感に優...
1202農芸化学

世界一巨大な根をもつ「桜島大根」のゲノム解読に成功しました。

2020-05-29 かずさDNA研究所 かずさDNA研究所は、農研機構野菜花き研究部門と東北大学は共同で、鹿児島県の伝統野菜である桜島ダイコンの一品種「晩生桜島(おくてさくらじま)」の全ゲノム解析を行い、他のダイコン品種とゲノム構造...
2100総合技術監理一般

農作業安全のツボ教えます!コンテンツをウェブ公開

研修担当者が生産現場で効果的に農作業安全研修を行える「対話型研修ツール」と、誰もが様々な事故事例と原因・対策を学べる「農作業事故事例検索システム」を公開・提供する。
1200農業一般

屋根散水による施設内冷却技術マニュアル

農林水産省委託プロジェクト研究「温暖化の進行に適応する生産安定技術の開発」の成果として、「屋根散水による施設内冷却技術」についてとりまとめた。
1202農芸化学

個体を高効率に選抜可能なDNAマーカーの開発に成功!

遺伝解析の難しかったサツマイモで、有害線虫への抵抗性個体を高い効率で選抜可能なDNAマーカーを開発することに成功した。
1200農業一般

AIによる温州みかん糖度予測手法を開発 ~ 早期予測を生産・出荷に活用し収益向上をめざす~

温州みかんを対象に、前年までに蓄積された糖度データと気象データから、AI(人工知能)による機械学習を用いて当年の糖度を予測する手法を開発した。
ad
タイトルとURLをコピーしました