科学技術振興機構(JST)

1601コンピュータ工学

小脳を模した光ニューラルネット回路 〜超高速・省電力の光リザバー計算チップを実現〜

小脳を模したニューラルネットワークの一種であるリザバー計算を,光を用いて超高速かつ低消費電力で処理可能な新しい光回路チップを作製しました。
0403電子応用

トポロジカル絶縁体と磁気トンネル接合を集積した 次世代不揮発性メモリー SOT-MRAMの実証に成功

トポロジカル絶縁体と磁気トンネル接合(MTJ)を集積したスピン軌道トルク磁気抵抗メモリー(SOT-MRAM)素子の作製と、比較的高いトンネル磁気抵抗効果による読み出しおよびトポロジカル絶縁体による低電流密度の書き込みの実証に成功した。
1600情報工学一般

原子・分子のイオン化エネルギーを量子コンピューターで直接計算する手法を開発

量子コンピューターを用いてスピン量子数が異なる電子状態(スピン状態)間のエネルギー差を直接計算できる量子アルゴリズムを改良し、量子コンピューター実機に実装しやすくするとともに、中性原子・分子が電子を放出してイオンとなるために必要なエネルギーであるイオン化エネルギーの直接計算へと応用した。
0504高分子製品

三角形ラジカルを使って二次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる

三角形構造を持つ光るラジカルtrisPyMを新たに開発し、さらにtrisPyMを用いて二次元ハニカムスピン格子構造(蜂の巣スピン格子構造)を持つ新しい配位高分子を合成した。この配位高分子は、室温大気下でも分解せず化学的に安定であるだけでなく、スピンと発光特性を併せ持つ稀有な物質である。
1701物理及び化学

伝導電子に浮かび上がる磁気構造 ~ナノスケールの磁気渦構造をなす新機構への手がかり~

2020-11-23 理化学研究所,東京大学,科学技術振興機構 理化学研究所(理研) 創発物性科学研究センター 創発物性計測研究チームの安井 勇気 特別研究員、クリストファー・バトラー 基礎科学特別研究員、花栗 哲郎 チームリ...
1700応用理学一般

サブ半サイクルパルス光の発生に成功

2020-11-19 豊田工業大学,科学技術振興機構 豊田工業大学(名古屋市天白区 学長:保立 和夫)の藤 貴夫 教授は、フィラメンテーション法という独自の技術によって、波長の半周期よりも短い時間幅をもった極限的に短いパルスを...
0402電気応用

極薄のスキン圧力センサーで指がモノに触れたときの接触圧を計測

敏感な指先に直接貼り付けても皮膚感覚に影響がないことを実証 2020-11-20 東京大学,科学技術振興機構 ポイント 極薄のスキン圧力センサーを開発し、敏感な指先に直接貼り付けても皮膚感覚に影響を与えずに、指先がモノ...
1601コンピュータ工学

光子の量子もつれ状態検証の、著しい効率化に成功 ~量子センシング、量子通信装置の長距離化に貢献~

2020-10-29 京都大学,科学技術振興機構 電子や光子などの量子は、通常の物体とは異なった振る舞いをします。その量子の個々の振る舞いや相関(量子もつれ)を制御することで、飛躍的な計算能力を実現する量子コンピューターや、盗...
2005放射線防護

福島第一原発事故で放出された放射性物質の陸域環境中での動き ~チェルノブイリより環境回復は大幅に速い~

2020-10-28 筑波大学,日本原子力研究開発機構,福島大学,科学技術振興機構 東京電力福島第一原子力発電所での大規模な原子力事故では、半減期が比較的長い放射性セシウムを含む放射性物質が大量に放出されました。事...
1600情報工学一般

胸装着型小型カメラ1台によるモーションキャプチャ技術を開発

広い運動範囲でアニメーション制作などへの応用を期待 2020-10-21 東京工業大学,科学技術振興機構 ポイント 胸に装着した小型超魚眼カメラ1台のみで撮影可能なモーションキャプチャ技術の開発に成功。 ...
ad
タイトルとURLをコピーしました