理化学研究所

1702地球物理及び地球化学

物理と深層学習による地殻変動解析~柔軟な地震モデリング手法の発展に期待~

2022-12-01 理化学研究所 理化学研究所(理研)革新知能統合研究センター 防災科学チームの岡﨑 智久 研究員、上田 修功 チームリーダーらの共同研究チームは、物理法則を組み込んだ深層学習による革新的な地殻変動解析を実現しました...
0402電気応用

皮膚上および体内埋め込み型センサー用の極薄伸縮性導体~超薄型ゴム基板上の金のマイクロクラック構造が鍵~

2022-11-28 理化学研究所 理化学研究所(理研)開拓研究本部 染谷薄膜素子研究室の福田 憲二郎 専任研究員(創発物性科学研究センター 創発ソフトシステム研究チーム 専任研究員)、染谷 隆夫 主任研究員(同チームリーダー)の国...
1700応用理学一般

300万気圧を超える圧力下で金属鉄の音速測定に成功~地球内核の解明に向けた新たな一歩~

2022-11-28 愛媛大学 発表のポイント 地球の内核境界(注1)に相当する300万気圧(注2)を超える極限圧力下での金属鉄の音速測定に初めて成功しました。 高度に最適化された非弾性X線散乱測定法(注3)と超高圧発生法...
ad
1701物理及び化学

マグネターは超強磁場を持つ大気のない中性子星~磁石星からのX線偏光を世界で初めて観測~

2022-11-25 理化学研究所,東京理科大学 理化学研究所(理研)仁科加速器科学研究センター 高エネルギー宇宙物理研究室の内山 慶祐 研修生(東京理科大学大学院 理学研究科 博士課程学生)、開拓研究本部 玉川高エネルギー宇宙物理研...
1701物理及び化学

ブラックホールからX線の偏光を初観測~ブラックホール近傍のコロナの位置や形状が明らかに~

2022-11-25 理化学研究所,広島大学 理化学研究所(理研)開拓研究本部 玉川高エネルギー宇宙物理研究室の北口 貴雄 研究員、玉川 徹 主任研究員、広島大学大学院 先進理工系科学研究科の张 思轩 大学院生、同宇宙科学センターの水...
1700応用理学一般

電気的な偏りのない層状結晶に歪みを加えて面内に電荷の偏りと光起電力効果を実現~歪みによる二次元物質の機能開拓へ新しい可能性~

2022-11-25 東京大学 1.発表のポイント: ◆電気分極を持たない層状結晶に歪みを加えることにより、面内に電気分極とそれを反映した巨大な光起電力効果が発現することを発見した。 ◆観測された光起電力効果が歪みの大きさに伴って...
0501セラミックス及び無機化学製品

カーボンナノチューブの近赤外発光の波長制御・高機能化技術を開発~バイオイメージングや先端光科学技術の開発に期待~

2022-11-22 九州⼤学 ポイント 化学修飾により⽋陥※1 導⼊を⾏ったカーボンナノチューブは近⾚外発光を⽰し、さらなる⾼機能素⼦開発のために発光特性を決定づける⽋陥構造を制御する技術開発が求められていた。 本研...
1701物理及び化学

超中性子過剰同位元素ナトリウム-39を発見~ナトリウム同位元素の既知存在限界を20年ぶりに更新~

2022-11-07 理化学研究所,東京工業大学 理化学研究所(理研)仁科加速器科学研究センター実験装置運転・維持管理室の久保敏幸研究嘱託、安得順協力研究員(研究当時)、鈴木宏技師、東京工業大学理学院物理学系の中村隆司教授らの国際共同...
2004放射線利用

さまざまな元素の分布を可視化する「放射化イメージング」に成功 ~これまで難しかった薬物動態の可視化など、診断・治療への応用に期待~

2022-11-09 早稲田大学 発表のポイント 薬物に熱中性子を照射すると、原子核が活性化しX線ガンマ線を出す放射化に着目 独自開発の広帯域カメラを使用し、金ナノ粒子や抗がん剤などの放射化イメージングに成功 これま...
1701物理及び化学

クォーク物質を重力波で探る~中性子星合体後の重力波から超高密度物質の痕跡を読み取る~

2022-10-27 理化学研究所,大阪大学,東北大学 理化学研究所(理研)数理創造プログラムのホワン・ヨングジア研修生、開拓研究本部長瀧天体ビッグバン研究室の長瀧重博主任研究員(理研数理創造プログラム副プログラムディレクター)、大阪...
0502有機化学製品

加硫天然ゴム中の未知構造が明らかに~ゴム製品の高性能化やリサイクル法開発への応用に期待~

2022-10-26 理化学研究所,東京工業大学,住友ゴム工業株式会社 理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター先端NMR開発・応用研究チームの石井佳誉チームリーダー(東京工業大学生命理工学院生命理工学系教授、放射光科学研究センタ...
0402電気応用

全固体電池内のリチウムイオンの動きを捉えることに成功~全固体電池の研究開発を加速~

2022-10-25 理化学研究所,日本原子力研究開発機構 この動画にはナレーションはありません 充電曲線とリチウムイオンの分布に対応するエネルギースペクトル(青線は充電前、赤線は充電完了後2時間) 理化学研究...
ad
タイトルとURLをコピーしました