国総研

1600情報工学一般

リアルタイム浸水予測システム

都市部の中小河川を対象とした、10分毎の実測・予測雨量、河川水位データに基づき河川モデルと 下水道モデル、氾濫原(25mメッシュ)モデルを組み合わせ、一体的に計算により1時間先までの10分毎の河川水位及び浸水深を予測するシステム。
1502サービスマネジメント

携帯電話基地局の運用データに基づく人の移動に関する 統計情報の交通計画等への適用に関する共同研究

携帯電話基地局の運用データに基づく人の移動に関する統計情報を交通計画等へ 活用するためにOD量データ化の方法,解像度向上手法,移動経路の推計手法,移動手段の推 計手法,移動目的の推計手法等を考案し,データ仕様を作成した.
0905港湾及び空港

空港アスファルト舗装のわだち掘れ量算出手法に関する検討

空港アスファルト舗装のわだち掘れ量調査において,従来の手法によるわだち掘れ量との相関関係を分析することで,新たな二種類の手法(逐次法,水深法)から適切な手法を選定し,選定した手法の管理目標値の閾値を設定した。
1803生物環境工学

内湾生物の多様性および持続性に着目した生息場の空間配置の検討

生物多様性の豊かな沿岸域環境の再生に必要な沿岸生物群集の変化に関する検討を行なうため,多世代に渡る数値計算を行い, 生物多様性および持続性の高い生息場の空間配置の特徴を定量的に明らかにした。
0905港湾及び空港

港湾海岸における既設護岸改良時の設計・施工上の留意点について

港湾海岸の護岸構造物改良は,既設構造物の活用,取壊し復旧等に配慮した改良計画が必要である.さらに,新設にはない制約条件や対策が多岐にわたり加わることから,それぞれのケースに対応した設計,施工をしなければならない。
0905港湾及び空港

地震動に伴う地盤の非線形性を考慮した直杭式横桟橋の照査用震度算出方法に関する研究

港湾における直杭式横桟橋の照査用震度算出手法に対し,地震動に伴う地盤の非線形性を考慮した補正法について検討した。
2100総合技術監理一般

リアルタイムに浸水予測し下水道施設の運転や住民の対策活動を支援

本技術は、小型レーダ雨量計や下水管内水位計によるデータに基づき、降雨・浸水予測をリアルタイムに実施するとともに、これらの情報を支援情報として下水道施設管理者や住民へ提供する技術です。
0403電子応用

港湾地域における津波からの安全性向上に関する研究

短波海洋レーダ技術を使って津波を広範囲にわたり面的に観測し,分析することを可能にしていくため,短波海洋レーダのデータの取得や処理方法の技術を改良するとともに,実測データを使いながら擬似的にシミュレートする技術を開発した.
1002下水道

下水道管路の耐震化優先度評価に関する研究

重要なライフラインである下水道施設の耐震化を効率的に実施するため、耐震化を行うべき管路の優先順位付けを行う必要がある。リスク評価時の評価指標及び定量化や、これら指標を用いた耐震優先度評価に関する検討結果をとりまとめたものである。
1002下水道

下水処理場で初の無動力撹拌式消化槽実証施設稼動

「無動力撹拌式消化槽、可溶化装置、固体酸化物形燃料電池の組み合せ」により高効率消化システムを構築し、地域バイオマス(周辺処理場汚泥、食品廃棄物等)を投入することで、さらに多くのバイオガスの発生や廃棄物削減効果が期待される技術。
タイトルとURLをコピーしました