0105熱工学

スポンサー
0401発送配変電

未利用エネルギー源から廃熱を回収 (Technique harvests waste heat from untapped sources)

2020/4/14 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ・ LLNL が、コールドスプレー(CS)と呼ばれる付加製造(AM)技術を利用し、複雑な形状のパイプ等のこれまでにないエネルギー源から廃熱を回収できる熱電素子の作製に成功...
0300航空・宇宙一般

世界初,航空機用100kW級高出力パワーエレクトロニクスの空冷化に成功

パワーエレクトロニクスの液冷が困難な分野に適用できる空冷技術を開発し,航空機用としては世界で初めて,100kW級高出力パワーエレクトロニクスの空冷実証に成功した。
01機械部門

コージェネ用ガスエンジンで世界最高水準の超高出力運転を達成

ガスコージェネレーションシステム用の試験用単気筒ガスエンジンシステムを製作し、世界最高水準の超高出力運転を達成した。
1701物理及び化学

熱機能材料の熱伝導率を手軽で高精度に計算するソフトウエアを開発

多結晶体などの複雑なナノ構造を持つさまざまな熱機能材料の熱伝導率を手軽で高精度に予測・熱伝導現象を再現するソフトウエア「Simulator for Phonon Transport in Arbitrary Nano-Structure(P-TRANS)」を開発した。
01機械部門

塗布構造吸収器を採用した車載向け小型吸収冷凍機を開発

「塗布構造吸収器」と吸収器全体を水蒸気透過膜で覆う「メンブレンラッピングアブソーバー」を採用したエンジン車両搭載型小型吸収冷凍機を開発した。
1200農業一般

シート状熱交換器の流水中設置によりヒートポンプの熱交換効率が大きく向上

水中設置に適したシート状の熱交換器を用いて、実規模の水理模型で様々な流速や設置方法におけるヒートポンプの熱交換効率の違いを明らかにした。
0501セラミックス及び無機化学製品

半導体ヘテロ構造を用いた新しい原理の高効率冷却デバイスを開発

半導体へテロ構造のバンド構造を適切に設計し、熱電子放出と共鳴トンネル効果を制御して実現できる、新しい原理の冷却素子を開発した。素子1段当たりの冷却能力は、従来のペルチェ素子の約10倍の値が期待されている。
01機械部門

100℃以下の廃熱を利用可能な蓄熱システムの本格実証試験を開始

100℃以下の低温廃熱を利用可能な蓄熱材を約12t利用した蓄熱システムの本格実証試験を2019年7月から開始した。
01機械部門

流水の熱エネルギー利用に特化した熱交換ユニットを開発

農業用水や温泉水などの流水が持つ熱の利用に特化した樹脂製投げ込み式熱交換ユニットを開発した。強制攪拌するためのエアレーション機構を搭載し熱交換性能を高めた。多数細管構造交換器を採用し循環水の圧力損失を抑え流水からの安価な熱回収を実現。
0501セラミックス及び無機化学製品

室温で2倍以上に 圧力による電子バレーの制御により熱電性能の向上に成功

熱電材料セレン化スズに外部圧力を加えることで、室温での熱電性能を2倍以上に増大させることに成功した。この性能向上が電子のバレー状態のトポロジー変化に起因することを、実験面と理論面から初めて解明した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました