0109ロボット

0109ロボット

居心地が良く歩きたくなるまちづくりをする「姫路ウォーカブル協議会」に参画

5G により自動運転ロボットの公道における遠隔監視型自律走行を実現する取り組み。「ラクロ」の前後左右合計四つのカメラ映像やセンサーによる周囲の障害物情報等をリアルタイムに遠隔管理者へ伝送し、公道での安全な自動運転ロボットの運用を実現する。
0109ロボット

微笑み返すロボット (The Robot Smiled Back)

AI による学習を通じて人間の表情を適切に模倣するロボットを開発。
0109ロボット

トイレ清掃の一部を担う「清掃ロボット」を導入します

新東名高速道路の浜松サービスエリア(SA、下り)のトイレを清掃する「清掃ロボット」を導入する。「i-MOVEMENT」の一環で、「維持作業(清掃および植栽作業)の機械化による省力化」につながる技術。
0109ロボット

産科病棟における自動運転モビリティサービスの実証実験を開始

出産後の患者を病室まで移動させる自動運転モビリティサービスの実証実験を開始している。病棟内での導入は国内初。
0109ロボット

NAU メカニカルエンジニアらが高性能の新人工筋肉技術を開発

新しい高性能人工筋肉技術を開発。ねじれたマカロニのような形状からカヴァタッピ人工筋肉と称する同リニア・アクチュエーター技術は、柔軟性と適応性に優れ、人間の動きにより近く、その骨格筋の能力を超えたロボディクスの動作を可能にする。
0107工場自動化及び産業機械

仏スタートアップと次世代型ロボット式ピッキングシステムで提携

物流センター内に設置される保管ラックとの間をロボットが自動走行し,対象商品を作業者の元まで搬送する三次元走行ロボット式ピッキングシステム「Skypod」の協業に関するパートナー契約を締結した。ILMは日本国内および周辺国において本システムの販売を開始した。
0109ロボット

さまざまな作業現場の自動化をめざし、形状が変わる物体のハンドリングに対応する深層学習型ロボット制御技術を開発

複雑な動作を容易に実現することができる深層学習型のロボット制御技術を開発した。ロボットの手先や対象物の特徴情報を学習により自動抽出することで、形状が変わる物体のハンドリングをプログラミングレスで習得できる。
0109ロボット

自動運転技術を用いたAI教習システムの製品化

自動車教習所の教習指導員の運転行動をルール化した運転モデルを開発した。開発したモデルと自動運転技術を用いて危険回避の手法を確立し、AI教習システムとして製品化した。
0109ロボット

近畿大学のキャンパスで、屋内外両用ドローンによる自動巡回警備の実証に成功

屋内と屋外を往来して飛ぶことができるドローンを活用して、大学内を自動巡回する実証実験に成功した。近畿大学は、敷地面積が約 24 万平米(甲子園球場約 6 個分)のキャンパスを「仮想の都市空間」と見立て、次世代技術の社会実装の場として提供することで新技術の実用化に貢献。
0109ロボット

世界初、商用 5G を介した国産手術支援ロボットの遠隔操作実証実験を開始

次世代通信ネットワークを用いた遠隔ロボット手術の実現に向け、最先端のネットワーク環境や医療機器を設置した実証実験施設「プレシジョン・テレサージェリーセンター」を立ち上げ、商用 5G を介した国産手術支援ロボット「hinotoriTM サージカルロボットシステム」の遠隔操作の実証実験を実施した。
ad
タイトルとURLをコピーしました