0109ロボット

スポンサー
0403電子応用

フォトニック結晶レーザーを搭載したLiDARの開発に世界で初めて成功

来たるべき超スマート社会におけるスマートモビリティの発展に貢献 2020-06-30 京都大学,量子科学技術研究開発機構,科学技術振興機構 京都大学 工学研究科の野田 進 教授、吉田 昌宏 助教、メーナカ・デ・ゾイサ 講師、石崎 賢司 ...
0300航空・宇宙一般

世界初の固体酸化物形燃料電池ドローンを開発し、長時間飛行を実証

LPG燃料により、さまざまな地域での物流、インフラ点検、災害対応などに期待 2020-06-15 産業技術総合研究所 ポイント 燃料電池の高出力化、軽量化によって、従来より長時間飛行・作業できるドローンを実現 電力負荷変動が...
1600情報工学一般

羽田空港地域における自動運転の実証実験を開始

HANEDAから自動運転社会の実現に向けてTAKE OFF! 2020-06-05 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOが管理法人を務める戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「自動運転(システムとサービスの拡張...
0300航空・宇宙一般

第三者上空飛行のための無人航空機の性能評価手順書を公表

福島ロボットテストフィールドにおける試験で活用可能 2020-05-29 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOと経済産業省は、ドローンなどの無人航空機による第三者上空での目視外飛行の実現に向け、「無人航空機性能評価手順書」を...
1502サービスマネジメント

ホステルにおいてモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した 接客サービスを開始

シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した接客サービスの提供を、本年6月1日より開始する。
1600情報工学一般

世界初、国際宇宙ステーションの宇宙アバター 「space avatar」操作体験の実証始動

国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」を活用し、『宇宙アバター事業』の創出に向けた実証プロジェクトを始動する。
01機械部門

やわらかい人工筋肉のダイナミクスを用いた高精度センサーの生成

空気圧アクチュエータに基づいた人工筋肉に着目し、人工筋肉のやわらかさに起因するダイナミクスとリザバーコンピューティングと呼ばれる機械学習手法を組み合わせることで、人工筋肉を加圧駆動時にリアルタイムで高精度の長さ推定が実現できることを示した。
01機械部門

手のひらサイズで反射的に動作を制御可能なコントローラシステムを開発

ロボットなどの限られたスペースに搭載可能なサイズで、振動や人との衝突などの外部要因に対して、反射的な動作制御を可能とする高速性を備えたコントローラシステムを開発した。
1600情報工学一般

次世代人工知能・ロボット中核技術開発

2020-03 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 事業・プロジェクト概要 事業期間:2015年度~2019年度、2019年度予算:39.1億円 本プロジェクトは、次世代人工知能とロボットの中核技術を研究開...
1701物理及び化学

ナノマシンにできないことを表現する不等式を発見~応答の基本的限界をゆらぎであらわす~

近年、生体内で働く大きさ10ナノメートル(ナノは10億分の1)くらいの小さな機械に関する物理法則が議論されてきた。ゆらぐ機械が本質的にできないことを表現する新しい不等式を見出した。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました