0100機械一般

0100機械一般

聞こえたか?超音波コールドブリューコーヒーが3分以内に出来上がる音だ(Hear that? That’s the sound of an ultrasonic cold brew coffee ready in under three minutes)

2024-05-07 ニューサウスウェールズ大学(UNSW) UNSWシドニーのエンジニアは、音波を利用してコールドブリューコーヒーの抽出時間を数時間から数分に短縮する方法を開発しました。音波を使用することで、コールドブリューの滑らかで酸味...
0100機械一般

出光興産徳山事業所のナフサ分解炉において,アンモニア燃焼技術を実証 ~化学産業のカーボンニュートラル実現に向けて,ナフサ分解炉用アンモニア燃焼バーナを開発~

2024-04-26 IHI IHIおよび株式会社IHIプラントは,出光興産株式会社が,同社徳山事業所(山口県周南市)で実施した商業用ナフサ分解炉(※)でのアンモニア燃焼実証において,アンモニア専焼バーナを提供するとともに,アンモニア貯蔵タ...
0100機械一般

ISO 34502の自動運転車危険シナリオを数学的に定式化 ~安全性保証タスクの自動化・効率化により自動運転の社会受容を促進~

2024-04-10 国立情報学研究所 大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NIIエヌアイアイ、所長:黒橋くろはし 禎夫さだお、東京都千代田区)のアーキテクチャ科学研究系教授 蓮尾はすお 一郎いちろうと、京都大学...
ad
0100機械一般

AIが風力タービンの品質保証向上に貢献(AI-driven method helps improve quality assurance for wind turbines)

2024-02-22 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL) ◆風力タービンの不良ブレードは、運用会社にとって莫大なコストを発生させる可能性があり、欠陥が遅すぎるまで気付かれないと尚更問題です。そのため、品質保証はグローバルな風力タービ...
0100機械一般

都市ガス専焼と水素混焼に切替運転が可能なハイブリッド型ボイラを開発 ~トヨタ自動車九州産水素を活用する運用評価を開始~

2023-12-19 IHI技術情報 IHIのグループ会社である株式会社IHI汎用ボイラ(所在地:東京都江東区,社長:高柳 英司)は,都市ガス専焼モードと水素混焼モードを備えた産業用小型水素混焼ボイラ(以下,「本設備」)を開発しました。水素...
0100機械一般

商用車の脱炭素化を加速させる NREL開発のダッシュボード (NREL-Developed Dashboard Fuels Decarbonization Across Commercial Fleets)

2023-10-03 アメリカ合衆国・国立再生可能エネルギー研究所(NREL) NREL が、クリーン技術導入の障壁を取り除き、車両全体の脱炭素化の促進に役立てるための、Fleet Research, Energy Data, and In...
0100機械一般

ORNL が NASA と共同でムーンローバーホイール試作品を 3D プリント作製 (Researchers 3D print moon rover wheel prototype with NASA)

2023-10-06アメリカ合衆国・オークリッジ国立研究所(ORNL) ・ ORNL が、NASA との共同プロジェクトで ORNL の新レーザー粉末床溶融結合システムによりルーナーローバーホイールのプロトタイプ(ニッケルベース合金製。幅約...
0100機械一般

ゴムと金属の接着老化に関わる反応の可視化に成功 ~タイヤの長寿命化に向けた研究開発に活用~

2023-11-07 名古屋大学 東海国立大学機構 名古屋大学大学院理学研究科(理化学研究所 放射光科学研究センター 客員研究員)の松井 公佑 講師、村本 雄太 博士前期課程学生(研究当時)、丹羽 瑠星 博士前期課程学生、同大学物質科学国際...
0100機械一般

ISRUパイロット掘削機(ISRU Pilot Excavator)

2023-10-20 NASA ◆ISRU(インシチュ・リソース・ユーティライゼーション)は、持参したものではなく、すでにあるものを使用する技術のことです。 ◆NASAのケネディ宇宙センターで開発中のISRUパイロット・エクスカベータ(IP...
0100機械一般

レーザーに基づく新しい方法が、新しい耐穿孔性材料の発見に役立つ可能性(New Laser-Based Method Could Help Scientists Discover New Puncture-Resistant Materials)

2023-07-03 米国国立標準技術研究所(NIST) ◆NISTの研究者は、高速の貫通体に対する材料の耐性を予測するための新しい手法を開発しました。彼らは高強度レーザーを使用してマイクロスケールの貫通体をサンプルに衝突させ、エネルギーの...
0100機械一般

超潤滑性コーティングで摩擦や摩耗による経済的損失を低減できる可能性(Superlubricity coating could reduce economic losses from friction, wear)

2023-06-07 オークリッジ国立研究所(ORNL) ◆米国エネルギー省の科学者たちは、車両やタービンなどの摩擦を減らすコーティングを開発しました。 ◆スライディングパーツに超潤滑性をもたらす炭素ナノチューブからなるコーティングについて...
0100機械一般

二次元力測定ローラースキー(Two-dimensional force measurement roller skis)

2023-05-16 フィンランド技術研究センター(VTT) ◆トップスキーヤーをサポートするために、スケーティングスタイルの二次元力計測ローラースキーを開発しました。このローラースキーは、ドライランドトレーニングシーズン中の多くのスキーヤ...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました