1505金融工学

1505金融工学

物理学に基づく暗号通貨は、ブロックチェーンを通じてエネルギー(情報だけでなく)を伝達する(Physics-based cryptocurrency transmits energy (not just information) through blockchain)

2022-06-13 アメリカ・ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)の研究者は、電気エネルギーとブロックチェーン技術を新しい方法で結びつけた、物理学に基づく暗号通貨を考案しました。 ...
1505金融工学

組合せ最適化処理に適したCMOSアニーリングを高速の金融商品取引に適用するための技術を開発

組合せ最適化問題の処理に適したCMOSアニーリングを、高速の金融商品取引に適用するための技術を開発しました。平均回帰性を有する金融商品ポートフォリオ(資産の組み合わせ)の構築をQUBO形式の組合せ最適化問題として表現する技術と、CMOSアニーリングと連携した取引シミュレーション技術の主に2つの要素から構成されます。取引シミュレーションを実施し、リアルタイム処理におけるCMOSアニーリングの有用性を確認できました。
1505金融工学

お金の流れのネットワーク構造を世界で初めて解明

最新のビッグデータ・ネットワーク科学を用いて、地方銀行の企業口座間のお金の流れの構造を解明することに成功した。
1504数理・情報

暗号通貨のビッグデータが持つ普遍的な統計則を発見

暗号通貨市場の価格変動が「安定分布」と「キュービック則」という二つの統計則(べき則)によって統一的な特徴付けがされることを発見した。
1505金融工学

金融業界のデジタルトランスフォーメーション加速に向けて協業

富士通はPersoneticsのAIレコメンデーションソリューションを活用して金融機関の預金者などの利用者へフィナンシャルガイダンスとアドバイスを行うパーソナライズドバンキングサービスを2020年度中にクラウドサービスとして提供を開始する。
1504数理・情報

日本の2050年温室効果ガス削減目標にかかる費用が従来より大幅に小さいことを解明

日本の長期的な気候安定化目標である2050年に温室効果ガス排出量を80%削減する目標について、新しいシミュレーションモデル分析を行った。必要となるマクロ経済損失(費用)が従来考えられていたよりも格段に小さいことを明らかにした。
0109ロボット

特許出願技術動向調査を取りまとめました。特許情報を活用し、最先端の技術の動向を把握する

将来の市場創出・拡大が見込める最先端分野である「がん免疫療法」、「次世代建築技術」、「パワーアシストスーツ」及び「仮想通貨・電子マネーによる決済システム」などの12の技術テーマについて、特許・論文情報を調査・分析した報告書を取りまとめた。
1200農業一般

二酸化炭素濃度上昇がコメ収量に与える影響を高精度に予測

 複数の予測モデルの利用により、二酸化炭素濃度の上昇がコメ収量に与える影響を高精度に予測 - 適正な気候変動対策の立案に貢献 - 情報公開日:2017年12月 7日 (木曜日)
1505金融工学

スポット価格予測に基づくJEPX先渡価格付けモデルの構築

山田 雄二 (筑波大学) 発行日/NO. 2017年12月  17-J-072 研究プロジェクト 商品市場の経済・ファイナンス分析 ダウンロード/関連リンク 本文をダウンロード 概要 電力システム改...
ad
タイトルとURLをコピーしました