0503燃料及び潤滑油

0503燃料及び潤滑油

微細藻類と廃食油から製造したバイオジェット燃料が飛行検査機に搭載

NEDOが進める「バイオジェット燃料生産技術開発事業」で助成先の(株)ユーグレナは、同事業で製造したバイオジェット燃料を国土交通省航空局の飛行検査機に提供し、東京国際空港(羽田空港)から中部国際空港まで飛行して飛行検査業務を行った。
0503燃料及び潤滑油

アンモニア混焼技術の実用化へ向けた技術開発を加速

NEDOは石炭火力発電所で燃料にアンモニアを利用するための技術開発として、このたび2件のテーマを採択した。アンモニア混焼技術の開発や実証に取り組み、燃焼時にもCO2を排出しないアンモニアを石炭と混焼させる技術を確立する。
0503燃料及び潤滑油

含水廃棄物を飛行機の燃料に:CO2 排出ゼロの持続可能な航空燃料実現への近道

既存のジェットエンジンに適用可能で CO2 排出ゼロの飛行を支援する、食品廃棄物や含水廃棄物の未利用エネルギーを使用したバイフォリファイニングによる持続可能な航空燃料(sustainable aviation fuel: SAF)に関するレポートを発表。
0503燃料及び潤滑油

微細藻類バイオ燃料:炭水化物を油脂に変換

イオンビ―ム育種技術を用いて、明暗周期条件でも油脂を多く生産する微細藻類を見出した。この微細藻類は、デンプン枝切り酵素遺伝子が破壊されており、炭水化物が分解されやすいフィトグリコーゲンとして生成され、炭素リソースが炭水化物(フィトグリコーゲン)から油脂へと再分配される仕組みであることを解明した。
0503燃料及び潤滑油

天然ガスのメタンを室温下でメタノールに転換する技術を開発

天然ガスを室温下でメタノールに転換する技術を開発。大量の熱と圧力を要するメタノール製造の最初のステップである、メタンガスの炭素と水素の結合の切断に効果的な触媒材料(チタンと銅)を特定。同結合の切断に必要なエネルギーを低減し、反応温度が産業プロセスの 200℃超から約 20℃に低下。
0503燃料及び潤滑油

CO2からの液体合成燃料一貫製造プロセス技術の研究開発に着手

ガソリン・軽油・ジェット燃料を代替し、温室効果ガスの大幅削減を目指す 2021-02-22 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOはCO2を液体合成燃料に変換し、カーボンニュートラルな燃料を高効率で製造する一貫プロセスを構築す...
0503燃料及び潤滑油

植物由来燃料製造を助けるより安価な技術を開発

(Scientists develop a cheaper method that might help create fuels from plants) 2021/1/8 アメリカ合衆国・オハイオ州立大学(OSU) ・ ...
0503燃料及び潤滑油

アンモニアを水素にスムーズに変換する新技術

(New technique seamlessly converts ammonia to green hydrogen) 2020/11/18 アメリカ合衆国・ノースウェスタン大学 ・ ノースウェスタン大学が、再生可能エネ...
0503燃料及び潤滑油

安価で効率的なバイオ燃料製造の可能性を開く新しいメンブレン

(New membrane could pave way for cheap, efficiently made biofuels) 2020/11/19 英国・インペリアル・カレッジ・ロンドン ・ インペリアル・カレッジ・...
0502有機化学製品

使用済み食用油からのバイオディーゼル製造がより簡便に

(Making biodiesel from dirty old cooking oil just got way easier) 2020/10/27 オーストラリア連邦・ロイヤルメルボルン工科大学(RMIT) ・ RMI...
ad
タイトルとURLをコピーしました