0107加工ファクトリーオートメーション及び産業機械一覧

鋼構造物溶接止端部の疲労強度向上工法

ニードルピーニング工法は溶接止端部を局部的に塑性変形させることによって、溶接止端部に残留している引張応力を圧縮応力に改質する技術である。ピーニングにより付与された圧縮応力により、溶接継手部の疲労寿命が向上する。東洋精鋼株式会社

スポンサーリンク
スポンサーリンク