1903自然環境保全一覧

省エネ機器の設置

UR都市機構 コージェネレーションシステム コージェネレーションシステムとは、電気と熱を同時に発生させて利用するシス...

雨水地下浸透

雨水浸透施設を組み合わせて、降雨水を地表又は地表近くの土中に分散・浸透させ、地区外への雨水流出を最小限に抑え、地下水を涵養し河川の平常水を確保して自然の水循環システムが保全される。雨水の流出総量とピーク流量が減少し都市型水害を防止する。

グリーンバンクと緑地の整備継承

成長した樹木が育んできた、豊かな緑環境や美しい景観を継承し、緑の資産を有効に活用していくための総合的なシステムで、既存樹木の保存・移植・リサイクルにより、環境負荷の低減と都市の緑のネットワーク形成や地域のコミュニティー形成に寄与する。

屋上緑化・壁面緑化

UR都市機構が取り組む屋上緑化では、土壌及び植物の導入によって、都市のヒートアイランド現象の緩和や断熱性能の向上、建築物の保護などの効果を発揮するほか、良好な景観の形成や小さな生態系の回復など、複合的な効果を期待して取り組んでいる。

アスファルト付着防止剤 ネッパラン

アスファルト混合物の締固めにおいて、締固め機械の作業輪にアスファルト混合物が付着するのを抑制する。本技術の活用によりアスファルト付着防止剤が自然界へ流出しても、生態系への影響は最小限である。酒井重工業株式会社

ビオトープ

UR賃貸住宅地内のビオトープの整備を行う一方で、地域の環境特性に考慮したビオトープネットワークの形成に向けた取り組みについても検討している。

スポンサーリンク
スポンサーリンク