1902環境測定一覧

実務技術者のためのレーダ雨量計講座

レーダ雨量計による降雨観測の仕組と、全国にある国土交通省 水管理・国土保全局のレーダ雨量計(Cバンド26基、Xバンド39基)の降雨観測結果を合成して作成する合成レーダ雨量について説明します。

レーダ雨量データのデータベース化

レーダ雨量データは、水文観測業務規定において正式な雨量観測データとして位置づけられています。他の水文データと同様、観測データを保存・蓄積することにより、幅広い分野での活用に資することが期待されます。

レーダ雨量計の利活用

レーダ雨量計全国合成システムやXRAINでは、定量的に精度の高い合成レーダ雨量をオンラインで配信したり、オフラインの水文データとして保存することが可能となりました。

レーダ雨量計の観測特性

レーダ雨量計は、機器の特性や設置場所、降雨成因の違いなどによって異なった観測特性を示します。そのため、複数のレーダ雨量計による観測データを連続的に合成するためには、適切な品質管理を行う必要があります。

レーダ雨量計による降雨観測

1966年に赤城山にXバンドレーダが設置され「レーダによる降水量観測に関する研究」が開始。1976年には日本で初めて雨量観測Cバンドレーダ(赤城山)が設置、現在までにCバンドレーダ雨量計26基、XバンドMPレーダ雨量計39基が全国に配置。

スポンサーリンク
スポンサーリンク