2018年12月01日一覧

株式会社せとうちSEAPLANES クエスト式Kodiak100型(水陸両用機)の事故 着水時の機体損傷

同機が着水時の復行を中断した後にバウンドを繰り返す中で激しく着水したため、機体を損傷したものと考えられる。同機がバウンドを繰り返す中で激しく着水したことについては、機長がパワーの増減と機首姿勢の制御によってバウンドを収束させることができず、その後も復行を行わずにこの制御を続けたことによるものと考えられる。

総合技術監理部門の技術体系(キーワード)について

総合技術監理の骨格となる5つの管理(経済性,人的資源,情報,安全,社会環境)を総合的に勘案し,事業運営や組織活動における重要性や優先順位を判断することが必要である。特にこれらを協働作業により合意を形成していくプロセスは極めて重要。

スポンサーリンク
スポンサーリンク