森林総合研究所

2005放射線防護

原発事故後10年間の森林土壌中の放射性セシウム動態を解明~ほとんどが鉱質土層表層に移動し、留まり続ける~

2022-11-22 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント 福島第一原子力発電所の事故後、10年間調査を行い、森林土壌中の放射性セシウム(セシウム137)の分布や動きを明らかにしました ほとんどの放射性セシウム...
1300森林一般

林野土壌図とCS立体図を現地で同時閲覧可能に~より防災に配慮した施業計画の作成が可能に~

2022-09-28 森林総合研究所 ポイント Webブラウザ上で既存の基盤地図と林野土壌図あるいはCS立体図と重ねて表示させるシステムを公開しました。 スマートフォンやタブレットでも閲覧可能で、現地で周囲の図面を確認...
1300森林一般

誰でも簡単、スマホで樹木測定~木の直径を測るアプリがリリースされました~

2022-06-09 森林研究・整備機構 森林総合研究所,株式会社マプリィ ポイント iPhoneやiPadに搭載された3Dレーザースキャナを使って、木の直径を瞬時に測定するアプリを開発しました。 使い方は簡単、iPh...
ad
1902環境測定

気候変動により森林が拡大する地域、縮小する地域を高解像度で推定~気候ストレスの影響を地球規模で評価するモデルを開発~

2022-04-21 森林総合研究所,国立環境研究所 ポイント 植物にとっての様々な気候ストレスが森林分布に与える影響を地球規模で評価できるモデルを新たに開発しました。 気候が変化することで森林分布が拡大・縮小する地域...
1304森林環境

小規模な木質バイオマスエネルギー利用の採算性を評価するツールを開発~循環型社会の実現に向けて~

2022-04-07 森林研究・整備機構 森林総合研究所,北海道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場 ポイント ツールの利用者は、木質バイオマス(林地残材や製材工場の残材等)を用いた小型ガス化熱電併給(CHP)事業やバイ...
1300森林一般

衛星画像から過去35年間の国内全域の伐採・植栽箇所を可視化

2022-04-05 森林研究・整備機構 森林総合研究所 ポイント ⽇本全域での過去35年間の伐採箇所と、その後の針葉樹の植栽状況を衛星画像で推定しました。 毎年の伐採面積は増加傾向でしたが、針葉樹林が伐採された後に針...
1304森林環境

無花粉スギの苗⽊だけを量産する⾰新的技術を開発~DNA 鑑定と組織培養で花粉症対策に貢献~

無花粉スギを簡易に DNA 鑑定で識別する⽅法を取りまとめて公開しました。DNA 鑑定と組織培養により無花粉スギ苗だけを量産する技術を確⽴し公開しました。
1304森林環境

「デジタル森林浴」が⽇々のストレスを低減する!!

屋内で森林内の⾵景・⾳・⾹りを再現した「デジタル森林浴」に、⽣理・⼼理的な疲労回復効果があることが分かりました。「デジタル森林浴」によって、副交感神経が上昇し⼼拍数が低下する、気分が改善することなどが明らかになりました。
1304森林環境

イノシシ出没ハザードマップを作成~岩手県におけるイノシシの分布拡大の変遷から出没確率を予測~

岩手県で分布域を広げているイノシシが、今後どこに出没するかを予測するハザードマップを作成しました。標高・植生・土地利用という誰でも利用可能なデータから予測できます
1304森林環境

土砂災害が発生する危険性の高い雨の降り方を判定する

土砂災害が発生する危険性が高い豪雨の特徴を明らかにしました。平均雨量が100年に一度の確率の値に達した際に、土砂災害が発生する危険性が高いことがわかりました。
1304森林環境

森林管理と10種類の生態系サービスの関係を明らかに~多様な森林の機能を過去から未来へ広域評価~

森林の多様な生態系サービスを林相と林齢から評価するモデルを世界で初めて開発し、第二次大戦後の生態系サービスの変遷と、維持・向上方法を明らかにした。
1902環境測定

核実験由来のセシウム137は半世紀後も森林内に留まっていた

2021-01-19 森林研究・整備機構 森林総合研究所,筑波大学 ポイント 森林土壌に含まれる核実験由来の放射性セシウムの量を日本全国の土壌試料を分析して明らかにしました。 1960年前後に森林に降下したセシウム13...
ad
タイトルとURLをコピーしました