東京大学一覧

運動主体感の脳内過程を初めて解明

運動の主体が自分と他人のどちらなのかが、徐々に明確になる独自の心理実験課題と、実験参加者がどの程度自分の運動だと主観的に感じているのかを脳活動から予測する脳情報の解読技術の組み合わせにより可能となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク