太陽光発電

0505化学装置及び設備

国内初 メタンバスへ再エネ利用のe-methane(合成メタン)を供給開始 ~福島県相馬市運用のコミュニティバスでCO₂フリー水素からのe-methaneを活用~

2023-01-23 IHI技術情報 IHIは,福島県相馬市(以下「相馬市」)の協力の下,相馬市において太陽光発電電力の地産地消と,地域振興・発展に寄与することを目的に実施しているスマートコミュニティ事業の一環として,相馬市が運用する...
0303宇宙環境利用

火星での居住地候補の多くは、ソーラーが原子力を凌駕する(Solar beats nuclear at many potential settlement sites on Mars)

2022-04-27 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) 最新の太陽電池技術の高効率、軽量、柔軟性により、火星への長期滞在や定住に必要な電力はすべて太陽光発電でまかなえる可能性があることが、カリフォルニア大学バークレー校の科学者によ...
0401発送配変電

新たな太陽光発電技術開発で44テーマを採択~再生可能エネルギーの主力電源化に向けた取り組みを推進~

2020-07-30 新エネルギー・産業技術総合開発機構 NEDOは、再生可能エネルギーの主力電源化の取り組みを進めるため、太陽光発電に関わる新市場創造や長期安定電源化のための技術開発、先進的な共通基盤技術の開発を目的とした新規事...
0401発送配変電

ペロブスカイト太陽電池大面積モジュールで世界最高変換効率16.09%を達成

ガラスを基板とする軽量化技術や、インクジェットを用いた大面積塗布法を開発し、作製したペロブスカイト太陽電池モジュール(開口面積802cm2:縦30cm×横30cm×厚さ2mm)で世界最高のエネルギー変換効率16.09%を達成した。
0401発送配変電

メガワット級太陽光発電所での太陽電池の出力低下を抑制

太陽電池の性能が短期間で大幅に低下する電圧誘起劣化(PID)を、太陽電池セル表面を透明導電膜で被覆するだけで十分に抑止できる技術を開発した。
0401発送配変電

住宅用の新しい太陽電池パネルがエネルギー変換効率で新記録を達成

(New residential solar panels deliver record-breaking efficiency)エネルギー変換効率 29%の住宅用薄型太陽光発電システムを開発。小型PVセルに太陽光を集光するオプティカルレンズを配置する保護ガラスを開発してコスト低減。
0401発送配変電

非毒性太陽電池実現に向けた最初の一歩 (A good first step toward nontoxic solar cells)

データ解析や量子力学的計算により発見された新しい二重ぺロブスカイト型酸化物を用いて、太陽光発電アプリケーション用のより安定した、鉛成分を含まない毒性の低い半導体を作製。
0107工場自動化及び産業機械

トヨタ自動車、再エネ由来水素を製造・供給するステーションを元町工場に導入

「SimpleFuel™」は工場敷地内にある太陽光で発電した電力を利用して、水の電気分解により低炭素水素を製造し、さらに圧縮・蓄圧した上で、燃料電池フォークリフトに充填するまでの工程を一貫して対応できる水素ステーションです。
1903自然環境保全

新エネルギーの活用

太陽光や風力などの新エネルギーを積極的に活用しています。
0401発送配変電

課題をどう解決する?再エネの安全性を高め長期安定的な電源にするためには②

さまざまな自然災害を通じて顕在化してきた、再生可能エネルギー(再エネ)が抱える課題について安全を第一に考えることで、それらの課題を克服し、再エネを長期で安定的に稼動するエネルギーとするためにどうするか。
0401発送配変電

再エネの発電量を抑える「出力制御」、より多くの再エネを導入するために

電力の需給バランスを保ち広域で停電が起こることを回避するため、発電量が需要量を上回ってしまう場合には、発電量を調整していくことが必要になる。この時、どういう順番や考え方で発電量と需要量を一致させていくのかを決めているのが「優先給電ルール」。
0401発送配変電

太陽光発電システムの水没実験

太陽光発電システムの水没実験を実施 ―水害時のさらなる安全性確保のための指針策定目指す― 2017年12月4日 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 一般社団法人太陽光発電協会 奥地建産株式会...
ad
タイトルとURLをコピーしました