モット絶縁体

1700応用理学一般

モット絶縁体の導電性に意外な阻害要因があることを発見(Researchers find unexpected roadblock to conductivity in Mott insulators)

2024-05-01 ブラウン大学 ブラウン大学の科学者を含む国際チームは、特定のモット絶縁体が電子が加わっても導電性を持たない理由を初めて基本的に説明する新理論を開発しました。この材料は、電子が追加されると通常の理解と異なり、電子が自由に...
1700応用理学一般

これまでの高温超伝導体は乱れていたことが判明~乱れを除去して激変した電荷の振る舞い~

2023-07-14 東京大学,東京理科大学,理化学研究所 発表のポイント 銅酸化物高温超伝導体において、電荷が微少かつ均一に分布する乱れの無い極めて綺麗な結晶面を見出し、その電荷の振る舞いを解明した。 電荷分布に乱れのない綺麗な結晶面では...
1701物理及び化学

強相関電子系における非線形光学応答に新奇な法則を発見

強い光と強い電子相関をもつ物質の相互作用の解明へ 2022-03-28 京都大学 内田健人 理学研究科特定助教、Giordano Mattoni 同特定研究員、米澤進吾 同准教授、前野悦輝 同教授、田中耕一郎 同教授らの研究グループは、中村...
0402電気応用

熱や光などの刺激に強い原子層モット絶縁体の発見 ~室温で動作するモット電子デバイスの実現に道~

原子数個の厚さしか持たないTaSe2とNbSe2の原子層薄膜を作製し、その電子状態の観測に成功。原子層TaSe2とNbSe2が熱・電子注入・光に対して強いモット絶縁体であることを発見。
1700応用理学一般

1次元モット絶縁体の光励起状態を精密計算する電荷モデルを開発

1次元モット絶縁体の光励起状態を記述するための理論モデルとして電荷モデルを開発した。
1700応用理学一般

強相関一次元物質における励起子分子の発見~離れた電子間のクーロン相互作用の重要性が明らかに~

典型的な一次元モット絶縁体である有機分子性物質ET-F2TCNQにポンプ-プローブ分光法を適用し、励起子から励起子分子への遷移を観測することにより、励起子分子が安定に存在することを明らかにした。
ad
タイトルとURLをコピーしました