2001原子炉システムの設計及び建設

2001原子炉システムの設計及び建設

大規模なフュージョンエネルギー実験データ25年分をクラウド上で完全オープン ~誰でも利用可能に~

2024-06-14 核融合科学研究所 概要 核融合科学研究所では、研究データのオープン化を強力に推し進めており、この度、大型ヘリカル装置(LHD)が過去25年間の運転で蓄積してきた実験データを、アマゾン ウェブ サービス(AWS)の「オー...
2001原子炉システムの設計及び建設

HTTR(高温工学試験研究炉)における 熱負荷変動試験及び放射性ヨウ素定量評価試験の実施~HTTR-熱利用試験や実証炉開発に資するデータを取得~

2024-06-12 日本原子力研究開発機構大洗研究所 国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長 小口正範)は、機構ビジョン「『ニュークリア×リニューアブル』で拓く新しい未来」の実現に向け、大洗研究所に設置しているHTTR(高温工学試...
2001原子炉システムの設計及び建設

核融合プラズマの新たな乱流遷移を発見~核融合炉の革新的な運転シナリオの確立へ~

2024-06-10 核融合科学研究所 概要 フュージョンエネルギーの実現には、磁場のカゴで高温のプラズマ※1を保持し、核融合反応を起こす必要があります。ところが、プラズマ中に存在する不規則で微視的な揺らぎ(乱流※2)により、プラズマが磁場...
ad
2001原子炉システムの設計及び建設

HTTR(高温工学試験研究炉)における安全性実証試験に成功~高温ガス炉固有の安全性を確認~

2024-03-28 日本原子力研究開発機構 ※3 高温ガス炉は、炉心には高温に耐える黒鉛を使用。炉心の熱容量(熱を貯めこむ能力)が大きく、万一の事故に際しても炉心温度の変化が緩やかで、燃料破損(炉心溶融)に至らないという高い固有の安全性を...
2001原子炉システムの設計及び建設

日立GE革新軽水炉(HI-ABWR)に向けた放射性物質閉じ込め技術を開発~独自の希ガスフィルタ+有機ヨウ素フィルタにより外部環境への影響を抑制~

2024-03-22 株式会社日立製作所 日立GEニュークリア・エナジー株式会社(以下、日立GE)が開発する革新軽水炉HI-ABWR (Highly Innovative ABWR)*1では従来のフィルタベントシステム*2に加え、希ガスフィ...
2001原子炉システムの設計及び建設

高温超伝導マグネットが核融合に適していることをテストが示す(Tests show high-temperature superconducting magnets are ready for fusion)

2024-03-04 マサチューセッツ工科大学(MIT) 2021年9月5日の未明、MITのプラズマ科学・融合センター(PSFC)の実験室で、高温超伝導材料から作られた新しい磁石が、20テスラの磁束密度を達成しました。この成果は、将来的な熱...
2001原子炉システムの設計及び建設

高温度プラズマの維持を阻害する要因を特定~熱雪崩が及ぼす影響を実験的に観測~

2024-02-19 京都大学 金史良 エネルギー理工学研究所助教(研究当時:量子科学技術研究開発機構研究員)、吉田麻衣子 量子科学技術研究開発機構グループリーダー、伊藤公孝 中部大学卓越教授、坂東隆宏 豊橋技術科学大学助教、篠原孝司 東京...
2001原子炉システムの設計及び建設

機械学習が先進原子炉にウランの化学的洞察を提供(Machine Learning Provides Chemistry of Uranium Insight for Advanced Reactors)

2024-02-16 パシフィック・ノースウェスト国立研究所(PNNL) ◆融点以上に加熱された塩に溶解したウラン燃料を用いる溶融塩炉(MSR)は、クリーンエネルギー生成のための先進的な原子炉コンセプト設計の1つです。 ◆溶融塩中のウラン燃...
2001原子炉システムの設計及び建設

核融合プラズマのデジタルツインによる予測制御の初実証~データ同化の適応予測制御への応用~

2024-01-26 核融合科学研究所 概要 磁場閉じ込め方式による核融合発電を実現するには、長い時間にわたって一億度を超える超高温プラズマを制御することが必要となります。しかしながら、核融合プラズマの複雑な挙動を予測して制御することは、物...
2001原子炉システムの設計及び建設

国際熱核融合実験炉イーターの三重水素除去設備の性能確証試験が完了~フュージョンエネルギーの安全性向上に貢献~

2024-01-16 量子科学技術研究開発機構 発表のポイント 国際熱核融合実験炉イーター※1の排ガス中の三重水素※3を除去する設備(三重水素除去設備)を改良し、イーターの安全性を向上させました。 改良した三重水素除去設備の性能確証試験を日...
2001原子炉システムの設計及び建設

35GHz低周波数ジャイロトロンシステムの性能試験において、 3秒間の1MW級での出力を実現~ 産学、国際協力のもと、フュージョンエネルギーの実現に向けたマイルストーンを達成~

2024-01-12 核融合科学研究所 京都フュージョニアリング株式会社(以下KF)、核融合科学研究所(National Institute for Fusion Science:以下、NIFS)、国立大学法人筑波大学(以下、筑波大学)、英...
2001原子炉システムの設計及び建設

JT-60SAプラズマ運転開始~フュージョンエネルギー早期実現への大きな一歩~

2023-12-26 量子科学技術研究機構 令和5年12月1日、世界最大のトカマク※1型超伝導プラズマ実験装置JT-60SA※2の完成及びプラズマ運転の開始を記念する式典を開催しました。 JT-60SAは、フュージョンエネルギーの早期実用化...
ad
Follow
タイトルとURLをコピーしました