0106流体工学

スポンサー
0106流体工学

長期貯蔵でも沈降しない高い安定性を持つ磁気粘弾性流体(MR流体)を開発

長期貯蔵でも沈降しない高い安定性を持つ磁気粘弾性流体(MR流体)を開発した。
0101機械設計

航空機用電動推進システムの試験設備を導入しました

将来の航空機電動化に向けて、航空機用電動推進システムの試験設備を新たに導入した。架台に固定した電動モーターでプロペラを回しながら、電動モーターおよび航空機用電動推進システム全体の機能と推進性能を評価する。
0106流体工学

NEXST-1(小型超音速実験機)

燃費を改善する機体形状を設計し、飛行実験によりその効果を実証した「NEXST-1(小型超音速実験機)」。飛行実験は、2002年、2005年にオーストラリアのウーメラ実験場で行い、コンコルドに比べ約13%空気抵抗を低減できることを実証した。
0106流体工学

水蒸気バブルで液体を自在に動かすことに成功しました

マイクロバブルを使って少量の液体を一方向にポンピングすることで、急激な流れを発生させることに成功した。水をレーザー光と金ナノ粒子を使って局所的に加熱してマイクロバブルを発生させ、レーザー光の形を変えることで流れの向きの制御に成功した。
0105熱工学

日本実験棟「きぼう」で初の人工衛星開発のための実験-ループヒートパイプ(LHP)ラジエータ研究者のインタビュー記事

ループヒートパイプ(LHP)のISSでの実験を10月22日にスタートした。 LHPは衛星の機器から発生する熱を効率よく放熱部まで輸送するための装置で、このLHPを搭載した展開ラジエータ(LHPR)を技術試験衛星9号機に搭載する予定。
スポンサー
タイトルとURLをコピーしました