0201船舶

0201船舶

長距離輸送船上での CO2 捕獲 (The case for onboard carbon dioxide capture on long-range vehicles)

船舶からの CO2 排出量を低減する新技術を提案。燃料タンクをデュアルチャンバータンクに置き換え、CO2 圧縮機を導入するだけで、固体酸化形燃料電池(SOFC)の利用を通じた船舶のカーボン・ニュートラル~ネガティブ化の実用的な手段を提供する。
0201船舶

旅客船なんきゅう10号旅客負傷事故(鹿児島県南大隅町根占港港外、令和元年12月2日発生)

2020-11-26 運輸安全委員会 概要 報告書番号:MA2020-10 発生年月日:2019年12月02日 事故等種類:死傷等 事故等名:旅客船なんきゅう10号旅客負傷 発生場所:鹿児島県南大隅町根占...
0201船舶

油タンカー兼ケミカルタンカーEOS貨物船第8愛翔衝突事故(愛知県名古屋港北航路、平成31年3月11日発生)

2020-11-26 運輸安全委員会 概要 報告書番号:MA2020-10 発生年月日:2019年03月11日 事故等種類:衝突 事故等名:油タンカー兼ケミカルタンカーEOS貨物船第8愛翔衝突 発生場所:...
0104動力エネルギー

アンモニア燃料タグボートの実用化に向けた共同研究開発を開始

燃料アンモニアによる船舶のゼロエミッション化実現に向けた世界初の取り組み 2020-09-03 日本郵船株式会社,株式会社IHI原動機,日本海事協会 8月18日、日本郵船株式会社(以下「日本郵船」)、株式会社IHI原動機(以下「...
0201船舶

ドイツ:BMBFが革新的技術を装備した新しい沿岸調査船「ウトホルン」を建造

Neubau des Forschungsschiffes “Uthorn" verbindet Innovatives mit Bewahrtem 「政策の科学」関連 海外情報  期間:8月20日~8月26日 (BMBF記事)...
0108交通物流機械及び建設機械

国内初、海上交通管制におけるAIを活用した船舶の衝突リスク予測技術の実証実験を実施

AI技術を用いた船舶の衝突リスク予測技術を活用し、東京湾において船舶衝突リスクの検知と衝突リスクの集中するエリアを予測することが可能であるかについて検証した。海上交通管制業務で使用されるVTSシステムへ適用することで、予防的なリスク回避に貢献し、海上交通の安全性向上につながることが確認できました。
0108交通物流機械及び建設機械

トヨタ、船舶向けに初の燃料電池システムを開発し、フランスの「エナジー・オブザーバー号」に搭載

燃料電池(Fuel Cell)技術を初めて船舶向けに応用し、再生可能エネルギーで世界一周航海を目指しているフランスの「エナジー・オブザーバー号」向けのFCシステムを開発した。
0108交通物流機械及び建設機械

世界初、液化水素運搬船が進水 ~2020年度、国際間の大規模水素サプライチェーン実証へ~

世界初となる液化水素運搬船が進水した。本船は、マイナス253℃に冷却し、体積が気体の1/800となった液化水素を、安全かつ大量に長距離海上輸送するために開発している。
0104動力エネルギー

海のEVの開発等の計画を初めて認定!~海運のゼロエミッション化への大きな第一歩を踏み出した~

株式会社e5ラボが作成したバッテリー船の研究開発・導入等に関する先進船舶導入等計画「e5 大容量蓄電池ゼロエミッションEV船の開発・建造・運用プロジェクト」を認定した。
0200船舶・海洋一般

貨物船ERNA OLDENDORFF衝突橋梁(山口県大畠瀬戸 大島大橋 平成30年10月22日

夜間、クレーン及びマストの高さでは通過できない大島大橋の下を航行し衝突したと考える。船長が同橋の高さを把握することなく二等航海士が作成した航海計画を承認し、手前で高さに不安を感じながらも航行を続けたことによると考える。
ad
タイトルとURLをコピーしました