1601コンピュータ工学

1601コンピュータ工学

光ファイバーが超伝導量子コンピューター性能を強化 (Optical Fiber Could Boost Power of Superconducting Quantum Computers)

従来の金属配線の代わりに光ファイバーを利用した、超伝導量子ビット(q ビット)の読み出し・制御システムを開発。数百万 q ビットの量子コンピューター実現に向けた進展が期待される。
0403電子応用

複数のAIアクセラレータを搭載した評価チップの設計を完了、試作を開始

ネットワークの端末などに使われるエッジ向けAIチップの設計を容易にするために、AIチップに使用されるAIアクセラレータ開発のための評価プラットフォームの構築を進めている。本評価プラットフォームの実証のため、仕様が異なる6種類のAIアクセラレータを同一チップに搭載した評価チップの設計を完了し、外部の製造会社で試作を開始しました。
1601コンピュータ工学

次世代コンピューティング基盤開発拠点活動をスタート

「次世代コンピューティング基盤開発拠点」活動をスタートした。拠点では、次世代コンピューティング基盤にかかわる戦略策定、研究推進、オープンイノベーションプラットフォームとしての試作評価拠点整備を進める。
1601コンピュータ工学

工場全体の大量映像を解析するシステムの自動設計技術を開発

エッジとデータセンターで映像解析処理を連携させ、各エッジにおける映像処理の負荷変動をデータセンターで吸収することで、エッジに設置するサーバー台数を必要最小限に留めるとともに、ピーク時を想定し処理性能を最適化したシステムを自動で設計する技術を開発した。
1601コンピュータ工学

シリコンチップが機械の視野を鮮明化する低コストなソリューションを提供

最先端の機械システムの性能と精度を超えるコンパクトな 3D LiDAR イメージングシステムを開発。
1601コンピュータ工学

寝室にスーパーコンピューターを:デスクトップ PC で哺乳類脳をシミュレートする可能性を提示

15 年前の約 2,000 倍の計算能力を備えた現在の GPU に 2006 年開発の技術を応用し、これまではスーパーコンピューターのみでのシミュレーションが可能であった、4.13×106 のニューロンと 24.2×109のシナプスを持つマカク属サルの視覚野の最先端モデルを構築した。
1601コンピュータ工学

スーパーコンピュータ「富岳」3月9日から共用開始

2021-02-09 理化学研究所,高度情報科学技術研究機構 理化学研究所(理研)と高度情報科学技術研究機構(RIST)は、2014年度から開発・整備を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」を広く学術・産業分野向けに提供するため、20...
0403電子応用

二つの機能を提供する次世代コンピューター・チップ

(Next-generation computer chip with two heads) 2020/11/5 スイス連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)(ローザンヌ工科大学) ・ EPFL が、理論演算とデータ記憶の 2...
1601コンピュータ工学

少ないニューロンでさらに賢い新しいディープラーニングモデル

(New Deep Learning Models: Fewer Neurons, More Intelligence) 2020/10/13 オーストリア科学技術研究所(IST Austria) ・ IST Austria...
1601コンピュータ工学

核融合研のプラズマシミュレータ雷神が、HPCG ベンチマークにて国内3位、世界10位となりました

2020-11-18 核融合科学研究所 プラズマシミュレータ雷神が、 スーパーコンピュータの実用アプリケーションに対する性能を示すHPCG (High Performance Conjugate Gradients) ベンチマ...
ad
タイトルとURLをコピーしました