1601コンピュータ工学

1601コンピュータ工学

光を使った深層学習 (Deep learning with light)

2022-12-20 アメリカ合衆国・マサチューセッツ工科大学(MIT) ・ MIT、MIT Lincoln Laboratory および Nokia Corporation が、エッジデバイスと機械学習(machine le...
1601コンピュータ工学

疑似量子の活用で従来のMIによる材料開発期間をさらに20%短縮できることを実証~疑似量子コンピュータ技術を適用した機械学習により性能予測をさらに高精度化~

2022-12-16 株式会社日立製作所 株式会社日立製作所(以下、日立)は、材料開発の加速につながる新たな機械学習モデルを開発し、積水化学工業株式会社と進めているマテリアルズ・インフォマティクス(以下、MI)推進に向けた協創活動*1...
1601コンピュータ工学

レーザ光のカオス的遍歴の自発性を用いた高効率な強化学習を実現 ~脳を模倣した意思決定できるAIハードウェア~

2022-12-08 東京大学 既存のコンピュータを支える半導体の集積技術に限界が近づいている中、その状況を打破する情報処理方式を提供するために、光を活用した機械学習に注目が集まっています。 その一つの取り組みとして、強化学習の問題...
ad
1601コンピュータ工学

がんの早期診断等に応用可能な「分子ニューラルネットワーク」の構築

2022-10-20 東京大学生産技術研究所 ○発表者: 奥村 周(研究当時:東京大学 工学系研究科 博士課程) 藤井 輝夫(東京大学 総長/研究当時:東京大学 生産技術研究所 教授) アントニー ジュノ(東京大学 生産...
1601コンピュータ工学

噛むことで電子機器を制御する対話型マウスガードを世界で初めて発明(NUS researchers invented first-ever interactive mouthguard that controls electronic devices by biting)

低価格、軽量、コンパクトで使いやすく、噛む力を敏感に検知し、パソコンやスマートフォン、車椅子などの機器を正確に操作できる画期的な発明です。 Affordable, light-weight, compact, and easy-to-us...
1601コンピュータ工学

巨大量子系シミュレーション用の量子回路設計法を構築~物性・材料・化学計算への効率的・高精度な大規模量子計算を加速~

2022-10-06 理化学研究所,株式会社QunaSys,大阪大学 理化学研究所(理研)量子コンピュータ研究センター量子計算理論研究チームの水田郁基礎科学特別研究員、藤井啓祐チームリーダー(大阪大学大学院基礎工学研究科教授)、株式会...
1601コンピュータ工学

バーストエラーに耐性のある量子コンピューターのアーキテクチャーを世界で初めて提案 ~量子コンピューターの動作状況に合わせ機能する誤り訂正機構を実現~

2022-09-30 日本電信電話株式会社,九州大学,東京大学,科学技術振興機構 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:島田 明)と九州大学(総長:石橋 達朗、所在地:福岡県福岡市西区元岡744番地)と東...
1601コンピュータ工学

超伝導量子コンピュータの高速化と精度向上に寄与するキーデバイスである可変結合器の新構造「ダブルトランズモンカプラ」を考案~高性能な量子コンピュータ実現への道を拓き、多様な社会課題解決に貢献へ~

2022-09-16 株式会社東芝 概要 東芝は、超伝導量子コンピュータの高速化と精度向上の鍵を握るデバイスである可変結合器の新構造として、「ダブルトランズモンカプラ」を考案しました。 可変結合器は量子計算を行う2つの量子ビットをつな...
1601コンピュータ工学

NRELの著者らが量子コンピューティングで初の論文をNature Communicationsに発表(NREL Authors Publish Quantum Computing First in Nature Communications)

2022-09-14 アメリカ国立再生可能エネルギー研究所(NREL) 米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)の2人を含む科学者チームが、23量子ビットの量子コンピュータに量子セルオートマトンを実装し、量子コンピュータによる初の複雑性...
1601コンピュータ工学

材料をメソスケールで見る新しいモデルは、次世代デバイスへの架け橋になるかもしれない。(New model that examines materials at mesoscale may be bridge to next-gen devices)

2022-08-30 ペンシルベニア州立大学(PennState) ペンシルベニア州立大学の研究チームは、新たに開発したモデルが、原子スケールでの量子力学計算と次世代量子技術を可能にするデバイスとの橋渡しになる可能性があると発表した。 ...
1601コンピュータ工学

この新しいチップは、より速く、より安全なAIにつながる可能性があります。(This New Chip Could Lead to Faster, More Secure AI)

2022-08-25 ピッツバーグ大学 研究チームは、クラウドに頼らずローカルで人工知能プログラムを実行できる新しいタイプのコンピューターチップの開発に貢献した。 「コンピュート・イン・メモリー」チップは、より安全で高速かつ安価、さらに...
1601コンピュータ工学

シリコン量子ビットで量子誤り訂正を実現 ~誤り耐性半導体量子コンピューター開発に指針~

2022-08-25 理化学研究所,科学技術振興機構 理化学研究所(理研)創発物性科学研究センター量子機能システム研究グループの武田健太研究員、野入亮人基礎科学特別研究員、樽茶清悟グループディレクター(量子コンピュータ研究センター半導...
ad
タイトルとURLをコピーしました