1601コンピュータ工学

1601コンピュータ工学

カラーディスプレイの新スタイル (A new look at colour displays)

従来のモノクロディスプレイの材料を使用した、構造色(structural colors)による反射型カラーディスプレイ作製技術を開発。電子カラーラベル等のアプリケーションや、安価でエネルギー高効率の薄型・超軽量ディスプレイの開発が期待できる。
1601コンピュータ工学

シリコンスピン量子ビット素子を高速化する集積構造を提案

シリコンスピン量子ビット素子を用いた大規模集積量子コンピューターの実現に向けて、スピン量子ビット素子と演算に必要な微小磁石を集積した新しい集積構造を考案した。
1601コンピュータ工学

東京大学とIBM、日本初のゲート型商用量子コンピューターを始動

ゲート型商用量子コンピューティング・システム「IBM® Quantum System One」の「新川崎・創造のもり かわさき新産業創造センター(KBIC)」における稼働開始。
1601コンピュータ工学

独自のアーキテクチャを用いた超伝導量子アニーリングマシンを実現

超伝導量子ビットから構成される量子アニーリングマシンの開発と動作実証に日本で初めて成功した。
1601コンピュータ工学

スーパーコンピュータ「富岳」 TOP500、HPCG、HPL-AI、Graph500にて3期連続世界第1位を獲得

Cは、世界のスーパーコンピュータの性能ランキングである第57回「TOP500」リストで、3期連続の世界第1位を獲得した。
1601コンピュータ工学

グラフェンが鍵となるハードウェア・セキュリティの新技術 (Graphene key for novel hardware security)

グラフェンベースの物理複製困難関数(PUF)デバイスを初めて開発。低電力、スケーラブルで再構成可能なハードウェアセキュリティーデバイスとして、人工知能(AI)による攻撃に対する極めて高い抵抗力を有する。
1601コンピュータ工学

KDDI、三菱重工、NECネッツエスアイ、液浸冷却装置の活用 および小型データセンターの実現に向けた実証実験を開始

消費電力削減および脱炭素化の取り組みとして、液体でサーバーを冷却する液浸冷却装置を活用し、それらをコンテナに収容した小型データセンターの実現および、国内における2022年度の社会実装を目指し、実証実験を開始する。
1601コンピュータ工学

光ファイバーが超伝導量子コンピューター性能を強化 (Optical Fiber Could Boost Power of Superconducting Quantum Computers)

従来の金属配線の代わりに光ファイバーを利用した、超伝導量子ビット(q ビット)の読み出し・制御システムを開発。数百万 q ビットの量子コンピューター実現に向けた進展が期待される。
0403電子応用

複数のAIアクセラレータを搭載した評価チップの設計を完了、試作を開始

ネットワークの端末などに使われるエッジ向けAIチップの設計を容易にするために、AIチップに使用されるAIアクセラレータ開発のための評価プラットフォームの構築を進めている。本評価プラットフォームの実証のため、仕様が異なる6種類のAIアクセラレータを同一チップに搭載した評価チップの設計を完了し、外部の製造会社で試作を開始しました。
1601コンピュータ工学

次世代コンピューティング基盤開発拠点活動をスタート

「次世代コンピューティング基盤開発拠点」活動をスタートした。拠点では、次世代コンピューティング基盤にかかわる戦略策定、研究推進、オープンイノベーションプラットフォームとしての試作評価拠点整備を進める。
ad
タイトルとURLをコピーしました