1601コンピュータ工学

1601コンピュータ工学

量子コンピュータの飛躍が一時停止、旧型デバイスが優秀に(Quantum computing leap paused as older devices excel)

量子コンピュータが古典的なコンピュータが不可能とする問題を解決できるようになる瞬間「量子アドバンテージ」は、まだ少し先の話である。 Quantum advantage – the moment when quantum computers...
1601コンピュータ工学

スーパーコンピュータ「富岳」のテクノロジーを活用し、36量子ビットの世界最速量子シミュレータの開発に成功

量子コンピュータの実用化を見据えたアプリケーション開発を加速 2022-03-30 富士通株式会社 当社は、このほど、スーパーコンピュータ「富岳」のCPU「A64FX」(注1)を搭載した「FUJITSU Supercomputer ...
1601コンピュータ工学

量子状態を 5 秒間超保持する新記録を達成 (Researchers set record by preserving quantum states for more than 5 seconds)

2022-02-02 アメリカ合衆国・アルゴンヌ国立研究所(ANL) ・ ANL とシカゴ大学が、オンデマンドでの量子ビット情報の読み出しと、5 秒間を超える量子状態持続の新記録を達成。 ・ 電球や高電圧エレクトロニクスで...
1601コンピュータ工学

AI の光コンピューティングでノイズを活用 (Harnessing noise in optical computing for AI)

2022-01-21 アメリカ合衆国・ワシントン大学(UW) ・ UW、デューク大学およびメリーランド大学が、オプティカルコンピューティングハードウェアのノイズの低減に加え、ノイズを利用した人工知能(AI)や機械学習(ML)の...
1601コンピュータ工学

希少なナノ磁石に回路を印刷することで、コンピューティングに新たな風を吹き込む(Printing circuits on rare nanomagnets puts a new spin on computing)

「スピングラス」を記述する理論モデルは、脳機能や株式市場のダイナミクスなど、他の複雑なシステムにも広く用いられている Theoretical models describing ‘spin glasses’ are broadly use...
1601コンピュータ工学

実用化に必要な誤り耐性量子コンピューターの規模を飛躍的に小さくする技術を開発

世界初の量子誤り訂正/抑制のハイブリッド方式を提案 2022-03-18 日本電信電話株式会社,科学技術振興機構 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下「NTT」)は大阪大学 量子情報・量子生...
1601コンピュータ工学

強力な機械学習モデルにより、高圧で溶けるダイヤモンドを表示(Powerful Sandia machine-learning model shows diamond melting at high pressure)

ハードウェアとソフトウェアの改善により、1年かかっていた「実行時間」を1日に短縮 Hardware and software improvements shorten ‘run time’ from year to a day 2022...
1601コンピュータ工学

スピントロニクスで脳型コンピューター向け新素子 ~ニューロンとシナプスの機能を一体化~

スピントロニクス技術に基づくニューロンとシナプスが統合された人工構造を作製し、脳における「同期の制御」の機能を初めて実現しました。ニューロンとシナプスの機能が一体化されたスピントロニクス素子技術を開発。連結されたスピントロニクス振動子(ニューロン)間の同期発振の起きやすさをメモリスタ(シナプス)により不揮発に制御することに成功
1601コンピュータ工学

スーパーコンピュータ「富岳」が機械学習処理ベンチマークMLPerf HPCで世界第1位を獲得

スーパーコンピュータ規模の処理を必要とする大規模機械学習処理のベンチマーク「MLPerf HPC」の一つである「CosmoFlow」において、スーパーコンピュータ「富岳」の約半分の規模を用いて計測した結果、世界最高速度を達成し第1位を獲得しました。
1601コンピュータ工学

さまざまな計算を何ステップでも実行できる万能な光量子プロセッサーを開発

「究極の大規模光量子コンピューター」方式の心臓部となる計算回路である独自の光量子プロセッサーの開発に成功しました。その光量子プロセッサーが、回路構成の変更なしに、情報を乗せた1個の光パルスにさまざまな種類の計算を複数ステップ実行できることを示しました。
ad
タイトルとURLをコピーしました