1701物理及び化学一覧

地球型惑星の形成現場を描き出す

地球からの距離が470光年の近くて若い星「おうし座DM星」を、アルマ望遠鏡を用いて観測した結果、おうし座DM星をとりまく原始惑星系円盤の塵(ちり)の分布が、これまでにない高い解像度で捉えられ、太陽系とよく似た構造が描き出された。

SACLAの明るさを6倍にすることに成功

新しいX線光学技術「反射型セルフシード技術」を考案・開発し、X線自由電子レーザー(XFEL)施設「SACLA」において、従来よりも約6倍明るいX線レーザービームを作り出すことに成功した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク