1701物理及び化学

1701物理及び化学

世界初! AIが描く 天の川銀河のガス雲分布:約14万個の「星の誕生候補地」を推定

2023-01-27 大阪公立大学,東京大学大学院理学系研究科,核融合科学研究所,福井工業大学,理化学研究所,国立天文台 ポイント 国立天文台野辺山45m宇宙電波望遠鏡によって取得された一酸化炭素分子データを用いて、約14万個の...
1701物理及び化学

超淡銀河から長く伸びる星の流れを発見

2023-01-27 国立天文台 すばる望遠鏡HSCによるM81銀河群の観測領域(点線と赤線で囲まれた範囲、背景はスローン・デジタル・スカイ・サーベイ(SDSS)の観測画像)(左)と、赤線で囲まれた超淡銀河「F8D1」を含む領...
1701物理及び化学

科学者たちが古典的なシステムで「準粒子」を初めて観測(Scientists observe “quasiparticles” in classical systems for the first time)

古典的な準粒子の最初の例、量子散逸系と古典散逸系の深いつながりが明らかに First example of classical quasiparticles, revealing deep links between quantum an...
ad
1701物理及び化学

K中間子と陽子が織りなす風変わりなバリオンを測定~Λ(1405)ハイペロンの複素質量の直接測定に成功~

2023-01-26 日本原子力研究開発機構 【研究成果のポイント】 K中間子と陽子が結合した風変わりな量子状態:Λ(1405)の複素質量測定に成功 重陽子中の反応を利用して、K中間子と陽子を融合させてΛ(1405)を合成...
1701物理及び化学

サセックス大学の科学者を含む宇宙共同プロジェクトが、生命の構成要素に光を当てる氷の発見に成功(Space collaboration including Sussex scientist makes icy discovery which sheds light on the building blocks of life)

2023-01-24 サセックス大学 ◆サセックス大学のウェンディ・ブラウン教授を含む国際科学者チームは、地球から約500光年離れた宇宙空間の最も暗く冷たい領域で、多様な氷を発見しました。 ◆この分子雲内の発見は、ジェームズ・ウ...
1701物理及び化学

宇宙初期に銀河は大きく変わっていたのでしょうか?(Were galaxies much different in the early universe?)

2023-01-24 カリフォルニア大学バークレー校(UCB) The HERA radio telescope consists of 350 dishes pointed upward to detect 21-centimete...
1701物理及び化学

1000 倍の解像度で見えた! 大質量の星を生み出す、磁場が支えるガスの流れ

2023-01-20 国立天文台 アルマ望遠鏡の高い解像度によって、大質量の星が生まれる場所では、星に物質が供給される仕組みに磁場が重要な役割を果たしていることがわかりました。 星形成過程において、磁場がどのような役割を果たすか...
1701物理及び化学

擬エントロピーからの時間軸の創発~ホログラフィック・エンタングルメントエントロピーの一般化~

2023-01-20 京都大学 瀧祐介 基礎物理学研究所博士課程学生、土井一輝 同修士課程院生、Jonathan Harper 同研究員、Ali Mollabashi 同研究員、高柳匡 同教授の研究グループは、ドジッター宇宙に対するホ...
1701物理及び化学

55 億光年先の宇宙で最大級のモンスター超銀河団を発見

2023-01-19 国立天文台 国立天文台と広島大学を中心とした研究チームは、すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラを用いた大規模観測から、約 55 億光年先の宇宙において、巨大な超銀河団を発見しました。およそ満月 15 個分の天域にま...
1701物理及び化学

水によって変化した古代小惑星、炭酸塩と磁鉄鉱の同位体分析から推定されるリュウグウの初期流体活動(Water modified ancient asteroid、Early fluid activity on Ryugu inferred by isotopic analyses of carbonates and magnetite)

2023-01-19 ローレンスリバモア国立研究所(LLNL) ◆「はやぶさ2」が持ち帰った小惑星リュウグウのサンプルには、水による大規模な変質の証拠が含まれており、太陽系組成の大部分を最もよく表すと考えられているCIコンドライトに関連し...
1701物理及び化学

臼田64 m電波望遠鏡を用いた日本初の高速電波バースト検出

2023-01-12 東京大学 池邊 蒼太(天文学専攻 修士課程) 岳藤 一宏(宇宙航空研究開発機構 主任研究開発員) 寺澤 敏夫(宇宙線研究所 名誉教授) 橋本 哲也(國立中興大學 助教) 本間 希樹(天文学専攻 教員/国立...
1701物理及び化学

惑星形成円盤における紫外線駆動の化学反応への移行は、惑星形成の後期段階にあることを示している(Shift to ultraviolet-driven chemistry in planet-forming disks marks beginning of late-stage planet formation)

2023-01-10 ミシガン大学  惑星形成の化学は、原始惑星系円盤(惑星が形成される際に発生する塵やガス)に蓄積される化学物質が、惑星の組成や生命の可能性に直接影響するため、何十年にもわたって研究者を魅了してきた。 ミシガン大学天文...
ad
タイトルとURLをコピーしました