臨床研究

1801細胞遺伝子工学

患者自身の脂肪細胞から作られる「DFAT細胞」を用いて世界初の血管再生医療の臨床研究を開始

患者自身の脂肪細胞を培養して作製した「DFAT(ディーファット)細胞」を移植する血管再生医療の開始に向け準備を進めてきた。日本大学医学部附属板橋病院にてDFAT細胞を用いた世界初の血管再生医療の臨床研究を開始する。
1801細胞遺伝子工学

がん遺伝子パネル検査後の新たな治療選択肢

がん遺伝子パネル検査で治療候補となり得る遺伝子異常が見つかったものの、既承認薬による治療や未承認薬による治験等の選択肢がない患者さんに対して、患者申出療養制度により既承認薬を適応外使用しその治療効果を検討する臨床研究を実施する。
90医学

「スマート治療室」のスタンダードモデルが臨床研究開始

IoTを活用して各種医療機器・設備を接続・連携させ、手術の進行や患者さんの状況を統合把握することにより、手術の精度と安全性を向上させる「スマート治療室」の開発を進めている。
90医学

先天性巨大色素性母斑に対する新たな臨床研究を開始

2016年に世界で初めて実施した先天性巨大色素性母斑に対する臨床研究を発展させ、新たな加圧処理体制を採用した臨床研究を今月から、開始します。
タイトルとURLをコピーしました