横浜市立大学

1600情報工学一般

「例外」を発見するAI「BLOX」の開発~AIを用いた革新材料の開発に新たな道筋~

2020-05-28  理化学研究所,物質・材料研究機構,横浜市立大学 理化学研究所(理研)革新知能統合研究センター分子情報科学チームの寺山慧特別研究員(研究当時、現横浜市立大学大学院生命医科学研究科准教授)、隅田真人特別研究員、津田...
1801細胞遺伝子工学

進行性ミオクローヌスてんかんの原因遺伝子を明らかに

全エクソームシーケンシング解析により、神経軸索ガイダンスの伸長抑制に関わるSEMA6B遺伝子の変異が、進行性ミオクローヌスてんかんを起こすことを明らかにした。
90医学

病原性ウイルスを高感度に検知し感染を阻止する人工免疫細胞を創出

合成Notch受容体の細胞内・外のドメインのカスタマイズにより、B型肝炎ウイルス(HBV)の表面抗原を検知して特異的に免疫応答を活性化できる、人工免疫細胞の樹立に成功した。
90医学

脳機能を担うAMPA受容体をヒト生体脳で可視化

脳の機能を担う最重要分子であるAMPA受容体を、生きているヒトの脳で可視化する陽電子断層撮影(Positron Emission Tomography: PET)用のトレーサー(化合物)の開発に成功した。
90医学

「ストライプ照射」だと放射線の影響は軽減される

放射光X線マイクロビーム技術とマウス精巣器官培養法を組み合わせて、空間的に不均一に放射線を当てた場合には組織機能の回復が生じ、放射線量からの単純な予測より影響が軽減され、放射線の直接当たらなかった細胞の移動が起きていることを実験的に証明。
1700応用理学一般

室温で磁場により電気が100倍流れ易くなる物質を発見

室温でかつ比較的弱い磁場で巨大磁気抵抗が発現する物質を発見した。
1801細胞遺伝子工学

神経核内封入体病(NIID)の原因遺伝子を同定

近年、皮膚生検による診断が可能となったことで症例数が急激に増加している、神経核内封入体病(Neuronal intranuclear inclusion disease : NIID)の原因遺伝子を明らかにした。
1801細胞遺伝子工学

同種と異種の花粉を区別する分子を発見~種の壁を自在に制御する技術の開発に期待~

シロイヌナズナが同種の花粉と異種の花粉を識別し、雌しべ上で異種のものを選択的に排除するメカニズムを持つことを明らかにした。異種の花粉の排除に必須な遺伝子を発見し、Stigmatic Privacy 1 (SPRI1)と命名した。
1801細胞遺伝子工学

発達性およびてんかん性脳症(DEE)が単純なメンデル型遺伝病の集合体ではないことを…

発達性およびてんかん性脳症(DEE)患者743名、健常対照群2,366名の大規模エクソーム解析を行い、この疾患群が単純なメンデル型遺伝病の集合体ではないことなどを明らかにした。
1801細胞遺伝子工学

エイズウイルスがヒトの防御機構から逃れる仕組みを解明

エイズの原因となるヒト免疫不全ウイルスが宿主細胞内の防御システムから逃れる分子メカニズムを明らかにした。
タイトルとURLをコピーしました