核融合プラズマ

2001原子炉システムの設計及び建設

核融合プラズマの新たな乱流遷移を発見~核融合炉の革新的な運転シナリオの確立へ~

2024-06-10 核融合科学研究所 概要 フュージョンエネルギーの実現には、磁場のカゴで高温のプラズマ※1を保持し、核融合反応を起こす必要があります。ところが、プラズマ中に存在する不規則で微視的な揺らぎ(乱流※2)により、プラズマが磁場...
2001原子炉システムの設計及び建設

核融合プラズマのデジタルツインによる予測制御の初実証~データ同化の適応予測制御への応用~

2024-01-26 核融合科学研究所 概要 磁場閉じ込め方式による核融合発電を実現するには、長い時間にわたって一億度を超える超高温プラズマを制御することが必要となります。しかしながら、核融合プラズマの複雑な挙動を予測して制御することは、物...
2001原子炉システムの設計及び建設

プラズマの複雑流動を単純計算で再現する~ 乱れによる熱の流れを予測する理論研究が大きく進展~

2023-03-17 核融合科学研究所,総合研究大学院大学,科学技術振興機構 概要 プラズマの揺らぎや乱流による熱の流れ(熱輸送)を高精度かつ高速に計算することは、核融合炉の性能予測と制御に関わる物理メカニズムの解明において重要な課題です。...
2001原子炉システムの設計及び建設

核融合プラズマへの燃料供給ペレット周辺の極限状況下に現れる”揺らぎ”構造の発見~核融合炉の持続的燃焼の制御向上への貢献に期待~

2022-09-30 京都大学,核融合科学研究所 夜空にきらめく星々、それらは核融合エネルギーによって輝いています。エネルギー問題を恒久的に解決するため、太陽や星々が何十億年も輝き続けるエネルギー源を地上に実現する、核融合発電の研究が進展し...
2001原子炉システムの設計及び建設

1視線の観測のみで核融合プラズマ中のヘリウム近赤外輝線の発光分布を推定

2022-09-26 京都大学 本研究の概要図 機械理工学専攻の茶谷智樹 修士課程学生、上野陽平 同修士課程学生(研究当時)、四竈泰一 同准教授、蓮尾昌裕 同教授、エネルギー理工学研究所 門信一郎 准教授らの研究グループは、ストークス偏光分...
ad
タイトルとURLをコピーしました